2016年08月26日

レンホーは党代表に相応しいか?

【民進党代表選 蓮舫代表代行「岡田克也代表はつまらない男!」 三下り半?ブラックジョーク?外国人記者も爆笑】
 民進党の蓮舫代表代行は23日、日本外国特派員協会で記者会見し、9月2日告示の党代表選に立候補するにあたり、「民進党のイメージを思いきり変えたい」と意気込みを語った。  同時に「ここは大事なので編集しないでいただきたい」と前置きした上で「私は岡田克也代表が大好きだ。ただ1年半、一緒にいて本当につまらない男だと思った」と軽口をたたいて外国人記者らの笑いを誘った。直後には「人間はユニークが大事。私にはそれがあると思う」と述べて自信ものぞかせた。会見は通訳を交えて行われた。
(8月24日、産経新聞)

どうでもいい話ではあるのだが、これでは「やはり民進党ではダメだ」と思われるだけだろう。トランプ、イシハラ、ハシモトらのように「下品をウリにする」路線で行くなら、それもアリかもしれないが、彼女はそれを望んでいないだろう。

それでも人格は自然とにじみ出てしまうもの。かつて紹介したことがあるが、今回は許せないものがあるので実名を挙げて告発したい。
民主党政権時代、彼女が議員会館でエレベーターに乗っていたところ、90近い老軀をおして上京してきた楢崎弥之助先生が杖を突きながら乗ろうとしたとしたのを見て、「これは議員専用ですから、一般の方は向こう側にあるエレベーターをつかってください」と言い放った事件があった。これは、私の同志が偶然その場に居合わせたので、間違いない。

党内でも自分に敵対姿勢を見せる者に対しては、徹底的に嫌がらせをし、権力をもって報復行為を行い、ロクでもない噂を流すことで知られており、恐がられていると同時に一部からは蛇蝎のように嫌われているが、大衆受けはするので、批判が表に上がらない。
こういう点は、ハシモトに似ていると言える。イシハラにしても、旧東京二区から衆議院に出馬していた頃、同じ選挙区で自民党から出ていた新井将敬に対し、民族(出自)差別に基づく陰湿な選挙妨害(怪文書や流言)を繰り返していた。この連中には、現代のネトウヨなどに通じる何かがある。
全てに対して恐ろしく冷酷で、人倫を欠き、その点を恬として恥じない精神である。

いま野党第一党の民進党に求められるのは、安倍一派に象徴される「冷酷な政治」へのアンチテーゼである。安倍一派は、権威を振りかざし、国家機関と大企業を優遇し、国威発揚と国権拡大を追求する一方、人命、人権、市民生活に対して恐ろしく冷淡な姿勢を見せている。
そのオルタナティブは、「人に優しい政治」でなければならないはずで、それをレンホーが担うのはどう見てもムリであろう。当面、自民党は安泰そうだ。

バカばっか!

【参考】
まともな人間は議員なんてならない? 
posted by ケン at 12:02| Comment(4) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
で、また前原。。。
Posted by 石田博 at 2016年08月26日 19:17
前原氏は意外と謙虚でして、前回の代表時の失敗について真摯に責任を認めています。例えば「永田メール事件」についても「自分は重い十字架を背負っている」旨を述べていますが、永田の派閥上の親分だった野田は何も触れていません。豊臣秀次的な意味で、失敗が成長を促しているところが見られます。

一方のレンホーは、失敗を経験したことがなく、他者に対して冷淡かつ辛辣であり、とても党内をまとめて野党連携を進められるような人ではありません。
Posted by ケン at 2016年08月28日 07:46
では高野山で自決しないことを願って前原氏再びでお願いしたいところでしょうか

2番じゃだめなんですかの?女性の方より
Posted by 石田博 at 2016年08月30日 10:49
積極的に前原氏が良いとも思えませんが、まずレンホーじゃないでしょう。
それに、前原氏は少なくとも内政的には、脱原発、脱大型公共事業、人権重視と悪くないんですよ。
Posted by ケン at 2016年08月30日 12:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: