2016年08月27日

ウルフ・ホール

1601_dor04.jpg

英ドラマ『ウルフ・ホール』(2015)を見る。何ヶ月も前に録画していたのだが、まとめて見る時間というか、精神的余裕がなく、先延ばしにしていた。選挙の代休を含めてまとめて休む時間ができたので、ようやく鑑賞できた。何せ映画4本分、まとめて見たかったのだから仕方が無い。
英国では名作の誉れ高いようだが、確かに「名作」と呼ぶに相応しい、濃密かつ重厚な出来で、演技も素晴らしかった。

16世紀半ばのイングランド、国王ヘンリー8世の宰相格であるウルジー枢機卿の秘書・弁護士を務める、トマス・クロムウェル(護国卿の大叔父)が主人公。この時点で相当地味な印象だが、あくまでもクロムウェルは「猿回し」の役であり、主題はヘンリー8世をめぐる宮廷闘争の歴史劇である。
しかも、冒頭でウルジーは国王の寵愛を失って凋落、主人公は助命と名誉回復に奔走するが、その手腕が認められて、国王の書記官に命ぜられてしまう。しかも与えられた使命は、王妃キャサリンとの離婚仲裁(ローマ教会に婚姻不成立を認めさせる)であり、主人だったウルジー失脚の首謀者でもあるアン・ブーリン(エリザベス一世の母)との婚姻だった。もともとクロムウェルは、卑賤の身から金融業で成り上がっており、戦争好きで放漫財政を主導するヘンリーを苦々しく思っている節があり、何重にも気の毒としか思えない。だが、一切の感情を排して、遠回しな皮肉を交えながら、ヘンリーやアンに仕えるクロムウェルの姿は、まさに我々政治家秘書の鏡と言える。また、この一見無感情なのに、非常に微妙な心の揺れを見せるクロムウェル役マーク・ライランスの演技は誠に見事だ。

基本的に宮廷の権力闘争が中心で、派手な戦争シーンもなければ、華麗な愛憎劇もなく、演技も抑制的で、どこまでも地味なのだが、可能な限り史実を忠実に再現しており、重厚な演技と演出で、どこまでもリアリティを追求し、見ている者を飽きさせない完成度に仕上がっている。こういう「リアル大河」路線は、日本でもNHKが『平清盛』で試みたものの、全く受け入れられること無く挫折してしまった。この辺は、テレビ視聴者の「民度」の問題なのか、歴史ドラマに求めるものの違いなのか、よく分からない。

内容・時期的には、同じく英ドラマ『THE TUDORS〜背徳の王冠〜』と丸かぶりなのだが、改めて比較すると、TUDORSがいかにド派手(淫乱)さを追求したソープ・ドラマ(昼ドラ)であったかが思い知らされる。まぁあれはあれで、カネのかけ方を含めて尋常ならざるド派手ぶりがウリで、嫌いではなかったのだが、シーズン2辺りで食傷になってしまった。

評価とは全く関係ないのだが、この時代は「トマス」が大流行していたようで、主人公の他にも、主な登場人物のうち、ウルジー卿、モア卿(『ユートピア』の作者)、ノーフォーク公(アンの伯父)、ブーリン卿(アンの父)が「トマス」であり、制作側も苦労しただろうなと。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: