2016年11月04日

舞台『治天ノ君』

geki_choco_27_tokyo_02.jpg
『治天ノ君』 劇団チョコレートケーキ(初演2014年)
【脚本】 古川健
【演出】 日澤雄介
【出演】 西尾友樹 浅井伸治 岡本篤 青木シシャモ 菊池豪 佐瀬弘幸 谷仲恵輔 吉田テツタ 松本紀保
11月6日まで世田谷パブリックシアターにて



『ラインの向こう』以来、約一年ぶりとなる劇チョコさんの舞台。
2014年に初演された話題作の再演だが、様々な情勢が重なって密かなブームになっているようだ。前売りは完売、当日は補助席も埋まって、脇に立ち見がズラリと並んでいた。2時間半の長丁場を考えても大人気ぶり。

ADHD気味で、父親の明治帝に疎まれながらも、自分なりの帝王像を追求しようとするも、脳病に侵されてしまう大正帝の半生を、皇后の九条節子(さだこ)視点で描く。玉座の間だけで2時間半も演じるのに、全く飽きさせない演出と演技は見事の一言。
史実の基本的なところは、原武史『大正天皇』に基づいているようで、昭和帝の摂政就任に伴うデマとプロパガンダのヴェールを取り払って、その実像に迫る意欲作だが、この間の今上帝「生前退位」問題や三笠宮薨去などが相まって、話題を呼んでいる。

大正帝については、私の祖母なども「遠眼鏡事件」を挙げて、「ちょっと頭が弱かったようで、外に出ないように隠されていた」みたいに述懐しており、いかに大々的な事実隠蔽と改竄がなされていたかを物語っている。
実際には、確かに病弱で、今日で言うところのADHDのような症状が見られたものの(落ち着きが無い、我慢できないなど)、基本的には正常な判断能力を有しており、漢詩を好み、フランス語や朝鮮語(恐らく日本の皇族では唯一人)を学んでいたことが分かっている。ただ、西欧やリベラリズムへの憧れが強く、自由を愛する傾向が、宮廷関係者や保守派から疎んぜられたようだ。初めて一夫一妻制を導入し、複雑怪奇な宮中のしきたりを簡素化し、行幸に出ては気軽に大衆に声をかけたことなどが、「皇室の権威を貶めた」と判断されたのだろう。そして、脳病を患い、政務が困難になると、宮内省から意図的に病状がつまびらかに公開され、大正帝の時代そのものが「無かったこと」にされ、明治帝と昭和帝を美化する方向に進められていく。

聞くところでは、昭和帝が明治帝をモデルにしたように、今上帝は大正帝にモデルを見いだしていたようで、内々に「御意思に反して退位させられたようだ」と語っておられるという。確かに、ごく短い期間ではあったものの、大正帝の取り組みは、平成帝のそれと被る部分が非常に多い。

舞台に話を戻すと、使われている用語がかなり現代化されてしまっているのと、登場人物が皇族を含めて早口すぎるのが気になったが、まぁ私も実際に宮中で話を聞いたわけでは無いので、仕方が無いかとは思う。リアルな宮廷語を使うと、観ている人が半分くらいしか理解できないかもしれないし。わが一族の人間が最後に宮中に入ったのは半世紀も前の話なので、私も身近なところでは確認しようが無い。
いずれにせよ、この難しいテーマを正面から取り組むこと自体が、立憲君主下におけるリベラリズムを体現するものであり、それを見事に仕上げているスタッフの皆さんには心から敬意を表したい。今上帝も、本舞台の存在を知れば、御覧になりたかったのではなかろうか。
ただ、惜しむらくは、このような表現が許されるのも、恐らくあと数年のことではあるのだが。
「いずれ、もう一度観たい」と思う舞台など、そう巡り会えるものではない。

【追記】
「おそれかしこき」を主人公に据えるという意味では、ケン先生なら、日清戦争あるいは日露戦争の回避に努力する明治帝と、帝を騙して開戦を承認させようとする元老の暗闘を描く舞台をつくりたいな〜〜
posted by ケン at 12:11| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遅くまでお付き合いいただきありがとうございました。
気に入ってくれて何よりです。
これは再演なのでまだしも誘いやすいのですが、新作はなかなか考えてしまいます。
Posted by ケンケン at 2016年11月04日 23:40
こちらこそありがとうございました。気にせずまたお誘いください。
Posted by ケン at 2016年11月06日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: