2016年11月29日

解散はいつか〜NK党との関係は

【「野党政権つくりたい」=志位共産委員長―衆院選、民進と相互推薦を】
 共産党の志位和夫委員長は25日夜、横浜市で講演し、来年を党創立95年の「節目の年」と位置付けた上で、「100周年に向け、野党と市民の共闘によって、新しい統一戦線を発展させて野党連合政権をつくりたい」と述べ、政権獲得に意欲を示した。志位氏は次期衆院選で民進党などとの共闘について「相互に推薦する、支援する。これが本当の選挙協力だ」と重ねて強調。「小選挙区でも(共産党の)議席を増やすために力を尽くしたい」と述べた。野党間の共通政策については「原発をなくしていく方向で前向きの合意をつくりたい」と語った。 
(11月25日、時事通信)

この間、「本当に解散あるの?」という質問が良くされる。「12月の日露会談で大きな外交成果を挙げて解散する」という官邸の意向が推察されたためだが、その後ロシア側の対応が判明し、さらに米大統領選でトランプ氏が当選したことなどを受けて、「12月の日露会談では大きな成果が挙げられないだろう」という観測が強まり、1月解散の根拠が失われつつある。
とはいえ、ケン先生は「可能性はまだまだ十分にある」と考えている。その根拠は、

「米で政権交代があり、日米関係が読みにくくなっている以上、予想外の要求が来る前に選挙しておいた方が良い」
「今後、日本経済が下降の一途を辿るので、先に選挙しておいた方が良い」
「長期政権の緩みが出てきたので手綱を締める必要がある」
「KM党がやる気満々」
「野党共闘が進む前に解散した方が良い」
「民進党が自民党野田派なので争点がない」

などが挙げられる。つまり、「いつやれば勝てるのか」で言えば、内閣支持率60%を誇る「今しかない」ことは明らかであり、今後は勝率を下げることはあっても、上がることは無さそうだ。
ただ、問題は「大義名分がない」ことにあるが、これは適当にでっち上げれば良い話で、彼我の戦力差が極大である以上、「大義名分無き解散」という批判が出たとしても、それが野党を強くすることは無いと考えられる。

実際のところ、野党側はとても選挙を戦える状態にない。民進党はロクに候補者を揃えられず、しかも執行部は「自民党野田派」であるため、野党共闘するつもりはサラサラない。野田幹事長は「他の野党が候補を立てさえしなければ良いだけだ」と考えているようだが、現実には民進党自身が300ある選挙区のうち、100以上も候補を立てられず、擁立できる見込みすら無い状況にある。
仮に民進党候補が野党統一候補になったところで、今残っている候補者の大半はもともと民進党が弱い地域のものであり、単独で総選挙を戦えるような戦力は持ち合わせていない。例えば、私の前ボスの選挙区の場合、以前は3人いた県会議員がゼロ、市町議は3分の1程度にまで減っており、ハナから戦える状態に無い。にもかかわらず、野田幹事長は「他党の立候補を取り下げる」以上の協力を拒んでいる。

とはいえ、全体主義政党と連立政権を組むというのは、そもそもデモクラシーを否定するものであり、選択肢として検討するに値しない。パートナーの選択肢が、全体主義政党か「産業報国会」かという時点で、すでに詰んでいるというのも否定できない。
現実的な落としどころとしては、

「連立政権はやらない」
「相互推薦は地域レベルで可能なところはやる」
「脱原発、反TPP、海外派兵の抑制、同一労働同一賃金などに絞った緩い共同政策を掲げる」

くらいのイメージだが、これでは連合が納得しないだろう。要は、連合と協同する以上は、野党協力は不可能な状況にあり、やはり民進党は「終わっている」と言えそうだ。
posted by ケン at 13:00| Comment(2) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
週刊誌の報道によると、民進党の候補者や地方活動家はNK党との選挙協力に傾いているようですね。入るんだかわからない連合よりNK党の組織票がのどから手が出るほど欲しいというところなのでしょう。前原氏は野党共闘に傾いており、「私が代表だったら連合を説得する」とか言っているという報道を目にしました。こうした党内の声を受けてか、野田幹事長も「握手ぐらいはしてもよい」と言っており、多少ですが軟化しているようにも見えますが、いかがでしょうか?
理想は民進党が自力で立ち直ることですが、それは誰が代表であっても当面無理だと思います。「自公維三党による3分の2阻止」「安倍退陣」のみを目標にして、NK・社民・自由党の強いところは民進は候補者をたてず、それらの党の候補者を支援するという形で野党共闘は出来ないものでしょうか。
Posted by hanamaru at 2016年11月29日 13:29
実際問題、民進党の地方組織はボロボロで富山や大阪のように壊滅してしまったところもあるくらいですから、自力で戦えるのは北海道と愛知しかないのです。
ただ、その北海道と愛知は連合と一体化しているため、野党共闘を強く言えないところがあります。
野田幹事長の発言は「握手以上のことはしない」という連合向けのものですから、身内ではむしろ余計なことは言わないで欲しいと話しています。
現状で「負けない」ためには、野党共闘以外の選択肢は無いと思うのですが、執行部はそうは考えないようです。
Posted by ケン at 2016年11月29日 13:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: