2017年01月03日

オヤヂセンス丸出し党

【「ポスト民主くん」はどれに? 民進党が新ゆるキャラ最終4候補を発表】
民進党は20日、9月の党代表選に合わせて募集した党公認キャラクターのデザイン案のうち、インターネット投票の対象となる最終案4点を発表した。同日から来年1月20日まで党のホームページでネット投票を受け付け、大賞に選ばれた作品を3月の党大会でお披露目する。命名は蓮舫代表が担当するという。計1523点の応募作品から、女子大生らの意見を参考に10点を選定。類似キャラの有無などを確認した上で、最終案として4点に絞り込んだ。初鹿明博青年局長は蓮舫氏に怖いイメージがあるとして、新キャラについて「かわいさを重視し、子供たちや子連れの家族に興味を持ってもらいたい」と期待感を示した。
 大賞作品の応募者には、旧維新の党との合流に伴い失業した旧民主党の公認キャラ「民主くん」の着ぐるみを副賞として贈呈する。着ぐるみの再利用も検討したというが、「この人もだいぶお疲れになっている」(初鹿氏)として“完全引退”させる方針だ。
(12月20日、産経新聞)

正面から戦っても勝てないので、搦め手に回ろうとして大失敗する典型例。
画像を載せるのも汚らわしいので、興味あれば自身で確認して欲しいが、この際キャラクターのデザインは置いておくとしても、煽り文句が酷い。「キッズ人気ナンバーワン」「女子学生支持率トップ」とか、いかにも前世紀の遺物だろう。プロジェクトの責任者である青年局長は、週刊誌にセクハラ問題をすっぱ抜かれて、この直後に辞任しているが、「この責任者にしてこのセンス」なのかもしれない。

「レンホーが不発だったからゆるキャラで挽回」

とか、ほとんど「太平洋がダメだからインパールで」みたいな話になってしまっている。「貧すれば鈍する」とは言うものの、思考が負のスパイラルに陥っているとしか思えない。
これが、「原発再稼働やカジノ法案で奮闘し、支持率が高まっているので、ゆるキャラ創設でさらに支持を広げよう」というのなら、多少甘めに評価しても良いが、実情は真逆で「原発もカジノも反対できないから、ゆるキャラで何とか」に立脚している。

あとはもう繰り返しにしかならないので捨て置くが、引退させるべきはこうした発想しか持てない連中全員である。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: