2016年12月29日

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場

eyeposter.jpg
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』 ギャヴィン・フッド監督 英(2015)



南ア出身のフッド監督が無人兵器・ドローンをテーマにした対テロ戦争の実相に迫った作品。
ドローンを描いた作品はすでに何本かあるようだが、私は本作が初めてなので比較はできないが、非常に考えさせられる一本で、映画館を出て家に帰るまでいろいろと考えてしまった。
設定はいささか戯画的なところがあるものの、似たようなケースは実際にあったことを想像させるに十分で、リアリティが感じられる。
ストーリー的には単純といえば単純で、テロ組織の幹部を発見して無人機からミサイルを撃つか撃たないかで延々と「会議が踊る」だけなのだが、それだけの話を100分の映画にしてずっと緊張感を保っているところが秀逸で、見た後疲労感を覚えるほどなのだ。

【以下ネタバレ注意!】
本作が秀逸なのは、まず設定にある。作戦の指導権は英国にあるが、実施者は米軍で、実施国はケニア、敵はソマリアのジハーディスト組織幹部(ラビリンスのプレイヤーなら組織名は知っている)という複雑な状況にある。ケニアは旧英国植民地で現在も友好国だが、隣国のソマリアは延々と内戦を続けており、テロの温床となっている。敵は友好国のケニアに潜伏中だが、指揮所はロンドンにあり、無人機の操縦者はハワイにいる。この時点でワケ分からない感がハンパないだろうが、これが現代戦なのだ。

作戦の主導者は英軍だが、テロリストの中にはジハーディスト化した自国人がおり、「敵」とはいえ自国民であり、裁判にもかけずに殺害して良いのか。「敵」を攻撃するといっても、ミサイルを撃ち込むのは友好国内であり、政治的、外交的な問題は発生しないのか。無人機を操縦するのは米軍人で、たとえ同盟国とはいえ、他国軍の指揮官からミサイル発射を命ぜられる葛藤。ミサイルの弾着先は、民間人も居住する市内であり、民間人への被害はまず確実に避けられない。
軍事的要請、政治的リスク、外交的リスク、コンプライアンス(交戦規程)、人道問題、国民国家の原理など様々な要素が絡み合い、それを誰がどのように判断し、決断するのか、という課題・ハードルこそが、本作の最大のテーマになっており、見事に描ききっている。

個人的に思ったのは、自由民主主義とテロ戦争の相性は非常に悪く、確かに最新技術で軍事的な勝利は挙げられるかもしれないが、「作戦」を実施すればするほど「敵」も増やしてしまう構図になっているが、指導者は遠い安全な場所にいるので「よっしゃよっしゃ」で終わってしまい、何の疑念も持たないのだから始末に悪い(ゼロではないのだろうが、考え始めたらテロ戦争などできない)。
別の観点では、100馬力超しかなかった「プレデター」が、いきなり10倍近い出力を持つ「リーパー」になり、非常に強力になっていた。「ヘルファイア」が想像以上の威力だったことにも驚かされた。ほかの最新機器も含めて「百聞は一見にしかず」だった。

GMT「ラビリンス」のプレイヤーならば、より多くの「気づき」があるだろうし、そうでない人でもニュースや本で読む知識と、映画とはいえ映像から得られる情報は非常に大きいものがあると考えられるので、テロ戦争や現代戦に関心のある者はぜひ見に行くことをお勧めしたい。特にゲーマーの皆さんには、映画を見て本コメント欄に感想を書いて欲しい。
posted by ケン at 00:00| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無人機の操縦はアリゾナですかね。ハワイのセンターは顔面を照合してました。
さて、100分間ため息とハラハラと苦笑いで非常に面白かったですね。
これを楽しむには法的素養が必要で、普通人が見るとみんな責任逃れしてるようにしか見えません。

感想としては、、、やっぱ現代でも二等国と一等国の区別はありますね。少なくとも西欧人の頭には。
この事件がフランスのリヨンで、クレープ売りのフランス人少女だったら、、、
ミサイル撃っていいかどうかフランス政府に問い合わせるはずです。
まあそれ以前にフランス警察とフランス軍に任せるだろうというのはおいても。

ケニア政府に誰も問い合わせなかったのはあきれます。現地のケニア軍人とは情報共有できてましたが、決断は彼のものではありませんでした。

ジハーディストとの戦いは心理戦、宣伝戦であって、その観点からは無人機による暗殺は愚策です。
この映画の作戦は5人のテロリストを葬ったかもしれませんが、新たに2人のテロリストを生みました。
これが宣伝されればさらに多くのテロリストを生むのは必定です。

英米人の法的倫理的悩みは自然状態のアフリカ人より高いレベルにあるのでしょうが、
しかしその傲慢がテロを生んでいることに気づくべきではないでしょうか。
Posted by taka at 2017年01月23日 18:25
コメント、覚えていて頂いてありがとうございます。

まさにおっしゃる通りで、結局のところ植民地支配の構図が残っているわけです。そして、軍事的成果を挙げれば挙げるほど、敵が強くなってゆく構造になっており、あれで勝てると思っている人の頭を疑います。
Posted by ケン at 2017年01月24日 13:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: