2017年03月05日

久しぶりにアンドールの伝説

戦線復帰を果たしたT後輩を交えて、久しぶりに「アンドールの伝説」をプレイする。
3人は何度かプレイしているので、「新たなる勇者たち」を試してみることにした。新たに加わるのは、アサシン?、精霊使い、狩猟者、バーバリアン?の4人で、既存の戦士、ドワーフ、弓手、魔法使いを加えて8人から4人を選ぶことになる。
ちなみにアサシンは、敵モンスターの攻撃力を下げる特殊能力(但し経験値が入らない)を持ち、精霊使いは「攻撃力+4」の精霊をゲストとし、狩猟者は「ちょっと使えるアイテム」を最初から所持、バーバリアンは意志力15以上の時に井戸水を飲むと「攻撃力+1」にできる特殊能力(但し武器防具が装備できない)といった感じ。

シナリオ1、2とプレイするが、1は導入シナリオなので良いとしても、初めてプレイした時は2度くらい挫折したはずのシナリオ2を意外とあっさりクリアしてしまい、「あれ、こんな(簡単)だったっけ?」みたいな印象。新勇者が「使える」こともあるが、やはりプレイ経験の有無がものをいうのだろう。次々とモンスターを倒して時間切れになることもなく、鷹を上手く使って無駄なく物品を運ぶなどプレイが非常に効率化されているため、だいたい1ターンくらい余裕を持ってクリアしていた。
新勇者は、バーバリアンは微妙な気がするが、他の3人はバランスを崩さない程度に「使える」ので、十分楽しめた。個人的には、体力が低いものの、「かゆいところに手が届く」アイテムを持っている狩猟者がお好み。

P1250442.jpg

時間が有り余っているので、続けてシナリオ4の洞窟編をプレイ。こちらは一回やり直したものの、2回目は余裕でクリアしてしまい、「昔の苦労は何だったのか」と話し合う事態に。まぁTVゲームのアクションゲームと同じで流れが分かっていて、プレイヤー間の協力が十分なら無理でも何でもないのかもしれない。続くシナリオ3は、「宿題」を一つ忘れていて、「もうダメか」と思われたが、「ワイン飲みまくって城に帰る」ことでクリア。無事、最終シナリオ「ドラゴン襲来」を残して全部クリアした。
全体的には余裕があったものの、あくまでも結果論に過ぎない。全員で「ここはこうだ」「そうじゃない」「こっちの方がいいんじゃないか」「相変わらずブラックな王様だ」などとワイワイやりながら、「黒王様」に仕えるのはとても面白い。
posted by ケン at 11:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: