2017年03月23日

時をかける稽古場 2.0

IMG_4871.JPG
時をかける稽古場 2.0』 脚本・演出 冨坂友 アガリスクエンターテイメント
3月22日(水)〜3月28日(火) 東京「駅前劇場」
4月4日(火)〜4月9日(日) 京都「KAIKA」


ケンケンさんのお誘いで、劇団アガリスクエンターテイメント「時をかける稽古場 2.0」を観る。
下北沢「駅前劇場」は初めてだったが、文字通り南口真ん前のビルの3階だった。ただし、ハコは非常に小さく、公式上は座席160となっているが、とてもそうは見えず100席くらいにしか見えない上、とにかく天井が低く、圧迫感がある。雰囲気的には、学生劇をやっていた頃の大学の劇場を思い出す。
主にコメディーを演じる若手劇団で、2014年に上演して好評を得た作品をリファインしている。

超遅筆な脚本家率いる若手劇団「第六十三小隊」は、勝負をかけた公演を二週間後に控えながら、台本が1ページも無いという危機に瀕していた。
ある日、稽古場にて偶然タイムマシンを発見した劇団員達は起死回生の策を思いつく。
それは「稽古最終日まで行って、完成したあとの台本を取ってくる」というものだった…!

平日の初日だったが、満員御礼。若手劇団故か、若年層が多く、自分も含め中高年者はチラホラという程度。パイプ椅子の上に一応座布団が置かれているものの、ギュウ詰めな上、2時間の長丁場なので、とにかく尻が痛かった。

確かに熱演で次々と笑かしてくれたものの、テクニックというよりはノリと勢いで笑いを取っている感じ。演技は、自然体ではあったが、決して高いとは言えず、せいぜいセミプロ級のレベルをノリと勢いで突破しているイメージ。とはいえ、舞台全体としては面白いので、特段の問題は無い。
問題はむしろ脚本と演出にありそうだ。コメディーはノリとテンポが重要なのに、このテーマで2時間は長すぎる。つまり、無駄が多い。特に説明部分が冗長なのと、辻褄合わせのシーンが多いことが尺を伸ばしてしまっており、せっかくの面白さを減じてしまっている。せいぜい1時間半くらいにすべきだろう。タイムマシンによる暗転が多いところも、テンポを悪くしている。

学生演劇の延長水準で粗々なところが多いのだが、着眼点、設定、演出、ノリとパワーの点で面白い舞台に仕上がっていることは間違いない。
個人的には「本番2週間前に脚本が上がっていない」とか「劇団が解散して田舎に帰った」とか、実際に身近なところで経験してきたことなだけに、色々と共感できる部分も多かった。
posted by ケン at 13:04| Comment(2) | サブカル、音楽、アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お付き合いいただき有り難うございました。

チョコレートケーキの新作が5/3から21
なので気にかけてあげてやってください。
Posted by ケンケン at 2017年03月29日 11:30
こちらこそお誘いいただきましてありがとうございました。
またお誘いください。
Posted by ケン at 2017年03月29日 12:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: