2017年03月25日

Combat Commander:まだ教育中

T後輩にCombat Commanderを教育中。前回は基本ルールを確認するので精一杯だったので、今回は高低差のある地形、迫撃砲、砲撃(砲兵支援)地中海などを試してみることにした。

最初は、1943年ヴェリーキー・ルーキ戦。赤軍の包囲下から夜間脱出を図る独軍歩兵小隊のシナリオ。ソ連軍は、独軍の2倍以上の兵力を有するが、指揮混乱中で手番毎に1つしか命令できない。対するドイツ軍は捨札を選択しても1枚しか捨てられない上、いかんせんユニットが少ないので、除去され始めるとどんどんジリ貧になってしまう。後輩氏がソ連軍、ケン先生が独軍を担当。
初回は、赤軍指揮官が配置されなかった端の方から、独軍が闇にまぎれて突破を図り、ソ連軍分隊を1つずつ撃破、中央に配置された機関銃チームは煙幕で無効化され、ソ連軍は援軍も間に合わずに独軍の脱出を許してしまう。

同じシナリオでもう一度プレイするが、今度はソ連軍はマップ両端に戦力を手厚く配置し、中央に重機を置いた。独軍は中央突破を図るが、途中で移動カードが全く来なくなってしまい、そこに赤軍がスタック・オーバー無視の白兵戦を次々と仕掛け、損害過多で独軍がサドンデス敗北を喫した。

2番目のシナリオは、シナリオ集「Fall of the West」から、1940年5月、マーストリヒト郊外。オランダに降下した独降下猟兵がベルギーに通じるマース河畔の橋を占領、これに対しベルギー軍が奪還を試みる。今回も後輩が白軍、私が独軍を担当。
ベルギー軍は、フランス軍のユニットとカードを使う。ユニットの評価は「ソ連軍よりはマシ」程度だが、いかんせん指揮硬直が激しく、捨札で1枚しか捨てられない(独軍6枚、赤軍3枚)。これは、現場指揮官の自由裁量をシミュレートしたルールのようだが、ソ連軍より硬直的な軍隊って・・・・・・
独軍は、今度も戦力で半分、しかも防御側なのに重機もなく、援軍が到着するまでどこまで持ちこたえられるかがポイントとなる。もっとも、連合軍側も戦力で勝ってはいるものの、独軍は家屋に立てこもって道路を扼しているのに対し、ベルギー軍は平地や畑に全身をさらしているような状態で始まる。
案の定、ベルギー軍は地雷や鉄条網に阻まれて軽機関銃に撃たれまくり、続々と屍を積み上げる。キルレシオで1:5くらいになり、ベルギー側は完全に攻撃力を喪失、独軍の勝利は間違いないように見えた。が、ここで私はサドンデス勝利を確定させようとして、(防御側なのに)敢えて白兵戦を仕掛けてしまい、逆撃を食らって全滅、まさかの損害過多によるサドンデス敗北を喫してしまった。VP的には20点以上勝っていたはずなのだが・・・・・・教育しようとして教育されてしまった。
しかし、やはり一枚しか捨札できないのはストレスが溜まるようだ。

P1250465.jpg

3番目のシナリオは、シナリオ集「Paratroopers」から、1944年6月10日、カランタン近郊。カランタンは、上陸地であるユタ・ビーチに向かう道とシェルブールに向かう幹線道路を有する重要拠点で、早期攻略を目指して101空挺師団が降下した。だが、ドイツ側も降下猟兵の精鋭を守備に充てており、砲兵支援を受けつつ、反撃に転じる。米空挺団は、降下から4日経ち、すでに迫撃砲弾を撃ち尽くしていた。
CCでは、個々のユニット評価では米軍が最も高く(装備が良い)、その中でも精鋭の空挺隊員であるだけに、信じられないような数字がついている。対する独軍も精鋭の降下猟兵が中心だが、比較すると劣ってしまう。ユニット数的にはほぼ同数。今回もT後輩が米軍、ケン先生が独軍を担当。
ボカージュ・生け垣など、視線を妨害するヘクスサイド地形が多いものの、基本的には平地が多く、守りづらいマップ。開始早々、ドイツ軍の10.5cm砲が猛威を振るい、前方で防御していた米空挺団は次から次へと吹き飛ばされてしまう。米軍はかろうじて残存兵力をまとめて、ドイツ側の迫撃砲陣地を撃破するも、ドイツ軍らしからぬ砲弾の大振る舞いで、敗走を続け、なすすべ無く投了した。
防勢寄りの米軍が前方に配置しすぎたことが大きいとはいえ、ドイツ側も常に良いタイミングで砲撃要請カードが来たので、完全にバランスが崩れてしまった。
posted by ケン at 13:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: