2017年09月27日

妄想:小池旋風前に前原全面降伏

ここまでマスゴミに出たら情報解禁ということで。
ただし以下はケン先生の妄想である。

26日夜、K望の党のK池代表とM進党のM原代表が会談、K氏は「全選挙区に候補者立てますよ」とM氏を脅し、M氏はすぐさま降伏に同意、ただし「わが党の議員と候補者は全員受け入れること」を条件とし、K氏は承諾した。同時にK氏は、M進党の資産とナショナルセンターの全面支援を要求、M氏は選挙後の最終的合流を条件に合意した。
R合のK津会長は「わが社の政策が実現されるならばM進党にこだわらない」とし、核政策と軍拡の推進を要求、K氏はこれを承諾した。

M氏にはハナから戦う気は無く、条件闘争でしかなかった。そして、自らの郎党の生命が保証されるのであれば「十分」としたのだろう。M氏的には、「全面戦争して全面敗北」か「降参して新党の下で戦って自民党に勝ち、政権党の一角をなす」の二択でしかなかったのだ。

流れ的には、安倍総理は「小池氏不在の新党なら民進党が議席を減らすだけで大勝できる」との読みから解散に踏み切るが、小池氏はそれを逆手にとって政局の主導権を握り、小沢氏を動かして前原氏に降伏勧告を行い、民進党を丸呑み、話題を独占しつつ、公示直前に都知事を辞任して「政権交代」を目指して総選挙に出馬、その勢いで自公を圧倒して過半数をとる戦略に出た。もちろん敗北するリスクは当然あるが、小池氏的には「総理になる唯一かつ最も確率の高いチャンス」である以上、これを逃す手は無かったのだろう。その勝負師としての勘と決断力は凄まじい物がある。

他方、総理の「国難突破」スローガンに対して解党、新党に合流というのはまさに大政翼賛会をイメージさせる。現場にいるものとしては、災厄が過ぎ去るまで在野で沈黙、後日の自由と民主主義の正統性の根拠とするか、敢えて泥をかぶって体制内良識派として生き残りを図るかの選択を迫られている。記憶が不正確だが、確かトロツキーは「ブルジョワ議会制というのは、階級の本質を歪めるが故に最も頽廃的な制度である」と書いていたように思うが、その通りになってしまっているのだ。

【9.28、追記】
小池氏は「憲法、安保観を見極めた上で希望の公認を出す」としており、民進党が全員新党に移行するかはまだ不明の模様。
posted by ケン at 20:17| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: