2017年09月29日

前原は小池に騙された?

26日夜に「全員合流」で合意したはずが、昨夜ないし今朝になって「厳密に選別する」という話になり、しかもリベラル派だけでなく、野田、岡田、江田氏など保守系大物も排除ということで、民進党内は「前原代表は騙されただけ!」と大混乱に陥っている。

私の想像では、小池氏は当初は「全員合流で過半数を取って総理に」と考えていたが、いざターンを進めてみると「とてもムリだ」という判断に傾いて軌道を修正、「自希公の三党連立で、自分は都知事のまま副総理になる」という方向に転じたものと見られる。
自民党と連立ということになれば、リベラル派や大物議員は邪魔なだけなので排除すべきという話になるのは当然だろう。

前原氏的には、恐らくは最初から民進党の議員を騙そうとしていたのではなく、変に自分も合流したいと思っていたことから、騙されやすい環境に置かれていたものと見るべきだろう。

民進党的には、半分が希望合流して、もう半分は無所属として放り出されるか、合流しない半分が民進党のままで出馬するか、という選択を迫られることになる。
posted by ケン at 12:57| Comment(5) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく読ませてもらってます。
さて、「三権の長は公認申請を遠慮してほしい」と細野氏が述べていましたが、その後に小池氏がそれを否定という報道も出ているように、情報が錯綜してますね。
個人的には、小池氏は総理の座を諦めるような人間では無いと踏んでいますが。
Posted by カンカン at 2017年09月29日 13:43
徹底抗戦すると思われた、リベラル派があっさり希望への合流を了承したのは、全員公認の密約があったからと思っていたので、小池氏が排除の論理を持ち出したのでびっくりしました。希望に捨てられる形になる前に、リベラル派は分党して、社共と選挙協力して、戦うしかないと思います。自民も希望も嫌という層が一定数いるので。前原氏も悪気がなかったのなら、分党は認めるでしょう。それにしても社民党を排除してできた民主党が排除されるとは、因果応報ですね。
Posted by hanamaru at 2017年09月29日 14:54
カンカン様、コメントありがとうございます。

小池氏が総理狙いなのは間違いないですが、どうも世論調査で「都知事を辞めて国政に出る」に対する評価が非常に厳しいものになったこと、希望の支持率が自民党の半分強程度に終わったことを受けて方針転換したものと見られます。つまり、希望で過半数を狙うのではなく、比較第一党になって総理を目指すか、自民と連立して副総理を狙うかで模索していると考えられます。まぁ細野氏は民進党憎しでかなりいい加減なことを言っている節はあります。

実は小池氏は最初から「全員合流ではない」旨を言っているんです。なので考えられるのは、密談の場で前原氏と神津氏が騙されたか、あるいはこの二人が組織の人間に大嘘をついたかのどちらかということになります。
他方、小池氏は建前上選別を言っているだけで、細野氏らが自分の立場を守るために大騒ぎしているだけとの見方もあり、全く分からないのも確かです。

いずれにせよ、希望の公認は直前まで出ないものと見られ、リベラル派は公示日まで何も音沙汰無しで「無所属」という流れになりそうです。
Posted by ケン at 2017年09月29日 17:09
民進リベラルは、選挙区をすてて比例区のみの政党として結集したらどうでしょうね。反安倍の他政党のじゃまもそれほどしませんし、空中戦のみで戦うということで。
Posted by hakoniwa at 2017年09月30日 09:24
新党間に合うかどうか、ギリギリのところです。
Posted by ケン at 2017年10月01日 18:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: