2017年10月03日

トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017

o0480062414036035397.jpg

「トランス=シベリア芸術祭 in Japan 2017」を観に行く。
というか「間に合った」という感じ。これとオフ会があったため、無理を言って地元入りを遅らせたくらい。
まぁボスが出馬する党が決まらない限り、自分も仕事が進められないのでどうにもならなかったことが大きいのだが。個人的にはラッキーだった。

ザハロワ様が絶好調&超ハッピー・オーラを出しまくりで舞台全体が幸せオーラに包まれていた感じで、普段のバレエの舞台とは全く異なる空間だった。何というか、夫のレーピンがヴァイオリンの超絶技巧を披露しようとしているのがウザく思えるくらい、「他はどうでもいい」になってしまっていた。
しかも2時間弱もありながら無休憩。複数のショート・プログラムを組み合わせていて、演奏のみの間にザハロワが着替えて出てきて次のプログラムを踊る流れで、最後まで全く疲れを見せない。彼女の年齢を考えれば超人的としか言いようが無い。
一つ一つを論評できないのが惜しいが、「瀕死の白鳥」を観たいがために29日にしたので一言。信じがたい超絶技巧と身体コントロールであり、瞬きするのも惜しいほどだったが、どうにも幸せオーラ全開で凄い生き生きとしてしまっていて、とても死にそうには見えないところが「どうよ?!」と思わなくも無かった。否定はしないが、以前観たロパートキナ女史の方が「滂沱の涙であふれる瀕死の白鳥」の原型だったと思う。その彼女も引退した今、ザハロワ女史はケン先生にとって「最後の希望」である。
それにしても、ロブーヒンとロヂキンとか男性ダンサーはちょっとしか出てこないのに何とも贅沢な公演であった。あと、個人的には「ヘンデル」が良かったなぁ。

スヴェトラーナ・ザハーロワ&ワディム・レーピン『パ・ド・ドゥ for Toes and Fingers』
 ☆印は器楽のみ。
 演奏:ワディム・レーピン(ヴァイオリン)、フェスティバル・アンサンブル(リーダー:南紫音)
 出演:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン、デニス・ロヂキン、
   ウラジーミル・ヴァルナヴァ、ドミトリー・ザグレービン 

 ○N・パガニーニ:“ヴェネツィアの謝肉祭”による変奏曲 op.10 ☆

 ○バレエ「ライモンダ」より“グラン・アダージョ”
 音楽:A・グラズノフ
 振付:牧 阿佐美
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、デニス・ロヂキン

 ○P・I・チャイコフスキー:「エフゲニー・オネーギン」より“レンスキーのアリア”☆
 編曲:レオポルト・アウアー

 ○「プラス・マイナス・ゼロ」
 音楽:アルヴォ・ペルト「フラトレス」
 振付:ウラジーミル・ヴァルナヴァ
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ウラジーミル・ヴァルナヴァ

 ○M・ラヴェル:「ツィガーヌ」☆

 ○「レヴェレーション」
 音楽:ジョン・ウィリアムス「シンドラーのリスト」より
 振付:平山素子 *録音音源を使用いたします。
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ

 ○F・ワックスマン:カルメン幻想曲 ☆

 ○「ヘンデル・プロジェクト」
 音楽:G・F・ヘンデル
 振付:マウロ・ビゴンゼッティ *録音音源を使用いたします。
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、デニス・ロヂキン

 ○P・I・チャイコフスキー:「ワルツ・スケルツォ op.34」☆ 
 
 ○「瀕死の白鳥」
 音楽:C・サン=サーンス
 振付:ミハイル・フォーキン
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ

 ○M・M・ポンセ:「エストレリータ」☆
 編曲:ハイフェッツ

 ○「レ・リュタン」より
 音楽:H・ヴィエニャフスキ「カプリース イ短調」(クライスラー編曲)より
    A・バッジーニ「妖精の踊り」より
 振付:ヨハン・コボー
 バレエ:スヴェトラーナ・ザハーロワ、ミハイル・ロブーヒン、ドミトリー・ザグレービン
posted by ケン at 00:00| Comment(2) | バレエ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやいやいや、ザハロワ様は死なない死なない。
瀕死に限っては説得力ゼロ。
レリュタンは何年か前にアリーナ・コジョカルの座長ガラでコジョ&スティーブン・マックレー&セルゲイ・ポルーニンという今ではちょっと考えられないトリオで観ました。
ロブーヒンとザグレービンはどっちがどっちのパートだったんでしょ。
いずれにしても贅沢ですね〜
さすがザハロワ様。
Posted by 過客 at 2017年10月03日 19:57
毎年やってくれるなら大きな楽しみが増えますね。
来年は世界バレエフェスタもありますし、ウハウハですわ。

ザハロワ女史はますます充実しているようで、今後も期待したいです。
Posted by ケン at 2017年10月04日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: