2017年10月03日

厳しい緒戦

立憲民主党が設立されたものの、地元では連合も自治体議員も「希望か無所属で」と強い圧力をかけてくるので、非常に厳しい状況にある。
地方議員は、自分の次の選挙のことしか考えていないのでそうなるのだろう。
連合は本部の決定待ちだが、やはり勝ち馬に乗りたい気持ちが強く、希望の方しか見ていない。

近々あるいは週末にも行われるであろう世論調査で、立憲民主党の支持率が一定程度出て、希望が低下すれば、流れも変わってくるだろう。世論の動向に期待しながら、いまは耐えるほかあるまい。
posted by ケン at 09:17| Comment(3) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふんばりどころですね。頑張ってください。外野から報道だけで見てると最終的に希望が勝つとは到底思えないんですけどね。連合次第でしょうか。
Posted by hakoniwa at 2017年10月03日 11:46
心から応援しています。
50人超えの擁立との報道。少ない時間の中でベストでは無いでしょうが、ベターまで持ってけたように感じます。頑張ってください。
Posted by カンカン at 2017年10月04日 08:27
ありがとうございます。地域事情などから新党参加表明が遅れている人が多いのですが、週末にかけて増えてくると思います。地域レベルでも、「候補は間に合わないけど、少しでも比例票を出したい」と地方支部を立ち上げる動きもあります。こうした草の根的な運動は、まず希望にはないでしょうから、期待したいですし、私も東京に戻ったら一から参加するつもりです。
Posted by ケン at 2017年10月04日 18:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: