2017年10月24日

9月の読書(2017)

やっと代表選挙が終わって「臨時国会が始まるまでのつかの間」と思っていたところ、いきなり解散風が吹いて大忙しとなり、結局この夏はロクに本も読めなかった。国会議員の秘書が多忙と疲弊で本も読めないというのは、それだけ政治自体が疲弊し、劣化していることの傍証でもある。まぁそんなところを見るまでも無く、国会議員の不祥事や舌禍の数々を見れば、その質がもはや回復不能なまでに劣化していることなど一目瞭然とは思うが。

e84f25ef27ff0e6b0dab43bd6fe10e88.jpg
『ブラッドランド−ヒトラーとスターリン 大虐殺の真実』 ティモシー・スタイナー 岩波書店(2015)
世界30カ国以上で翻訳、刊行され、数々の賞も得た国際的名著。これまでの研究でも、ソ連の大粛清やナチスのユダヤ人虐殺については個別に山ほどの書物が出ているが、ソ連の農業集団化に伴うウクライナ飢饉からナチスのホロコーストを経て、戦後のソ連におけるユダヤ人弾圧に至る経過を「大量虐殺史」として、一連の事件を関連づけて記述したものは無かっただけに、非常に貴重な作品となっている。例えば、アウシュヴィッツについてのみ語ると、アウシュヴィッツや他の収容所の外で殺害されたものについては語られなくなってしまう。ユダヤ人に限定すると、障がい者やジプシー(ロマ)はどうなんだという話になる。また、ただ虐殺に至るプロセスを記述するのではなく、その背景にある食糧問題や政治課題、重工業化や戦争経費の捻出など様々な要素も一つ一つ検証しているので、一見散漫にも思えるが、網羅することが目的である以上は欠かせないのだ。非常に辛い内容が続くのは確かだが、記述は淡々としながら、専門的すぎることもなく、普通に読める。

51BudwRjFtL._SX365_BO1,204,203,200_.jpg
『ヒトラーの国民国家−強奪・人種戦争・国民的社会主義』 ゲッツ・アリー 岩波書店(2012)
これは非常にヤバい一冊である。先に少し書いたが、1943年の日本陸軍二等兵の給与は6円だったが、銃後の家族の生活保障として「留守宅給与」が給付された。だが、それは応召前の給与の3分の1でしかなかった。例えば、当時の小学校教員の平均給与60円で計算した場合、支給額は20円でこれを本人と留守宅でほぼ折半された。実際には他にも手当がつくので、家族が受け取るのは20円程度だったものの、夫が召集された家族は困窮するのが普通だった。ちなみに当時の公定米価は10kgで3円36銭である。これに対し、ドイツの場合、この留守宅給与に相当する所得補償が、応召前職の給与の85%もあり、さらに児童手当などもあったため、銃後の夫人は「亭主元気で留守が良い」状態にあったという。結果、ナチス政権は常に広範な支持を受け、「ゲシュタポによる恐怖支配」はあったものの、国家保安本部の規模は後の東ドイツのシュタージの100分の1程度に過ぎなかった。つまり、国民を広範に監視して強制動員する必要などなかったのだ。この場合、当然ながら、物資不足と貨幣過剰となって大インフレが起こるはずだが、外地の独軍兵士には有利な為替レートで換金された現地通貨が渡されて「爆買い」が行われ、本国に郵送ないしは手持ちで持ち込まれた。そして、貨幣安定の原資となったのは、ユダヤ人などから収奪した資産だった。こうした仕組みを知らずに、ただ倫理的に「ナチズムの悪」を弾劾しても何の役にも立たないというのが、本書を記した著者の信念のようだ。二次大戦史に関心のある者は必読の一冊と言えるが、いかんせん高すぎるのが難である。
posted by ケン at 15:01| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: