2018年02月09日

ポーランドで進行する歴史修正主義

【ポーランド、ホロコースト表現に罰則科す新法可決 最大禁錮3年】
 ポーランド議会は1日、ナチス・ドイツによるホロコーストが行われた強制収容所を「ポーランドの死の収容所」と表現したり、いわゆる「第三帝国」の犯罪にポーランドが加担したと非難したりした人物に、罰金または最大3年の禁錮刑を科す法律を可決した。イスラエルは強く反発している。
 ポーランドの対外イメージを守ることが新法の狙い。愛国主義的な政治理念を掲げる右派の与党「法と正義」が過半数を占める上院は1日、賛成57、反対23、棄権2の賛成多数で法案を可決した。同じく与党が多数派の下院では先月26日に可決済みで、アンジェイ・ドゥダ大統領が署名をすれば成立する。
下院での可決後、国外からは法案に抗議する声が上がっていた。イスラエル政府は新法の条文の一つについて、ホロコーストへのポーランドの関与を否定しようとする試みだと指摘し、法案の取り下げを要求。ベンヤミン・ネタニヤフ首相は先月28日、「事実を歪曲し、歴史を書き換え、ホロコーストを否定するまねは決して許さない」と言明した。
 また、米国務省のヘザー・ナウアート報道官は31日、「ホロコーストの歴史はつらく、複雑だ。『ポーランドの死の収容所』などの表現は不正確で、誤解を招き、有害だという点は理解する」と前置きしながらも、新法は「言論の自由を侵害し、学術分野での使用をも制限しかねない」と声明で指摘。施行されればイスラエルや米国をはじめとする諸外国とポーランドの外交関係にも影響が及ぶと懸念を表明していた。
 第2次世界大戦中にナチス・ドイツの侵攻を受け占領されたポーランドでは、600万人の市民が命を落とした。うち300万人がユダヤ人だ。ユダヤ人を助けた人は、たった1杯の水を提供しただけでも占領下のポーランド国内に作られた強制収容所に送り込まれた。
 中東エルサレムのホロコースト追悼記念館「ヤド・バシェム」には、6700人余りの非ユダヤ系ポーランド人がナチスに立ち向かった「諸国民の中の正義の人」として顕彰されている。
(2月1日、AFP)

公式的に認められている数字では、第二次世界大戦前、ポーランド国内には約300万人からのユダヤ人が居住していたが、戦後生存が確認されたのは5万人に過ぎなかった。2%にも満たない生存率であり、征服者とはいえ、ソ連と大戦争を繰り広げていたドイツ単独では、ここまで完成された虐殺を行うことは不可能だった。つまり、ナチス・ドイツによる強制や誘導があったとはいえ、ポーランド住民の積極的な協力なくしてホロコーストは成立しなかった。実際、多くの証言がポーランド人の積極的な協力と参加を示している。これは、占領以前にドイツで吹き荒れていた反ユダヤ運動がポーランドにも伝染、同国内でも反ユダヤの気運が高まっていたことが影響している。

確かにナチスに対する協力の度合いでいえば、ポーランドはフランスやバルト三国よりも劣っており、ユダヤ人を匿った者も多かったことはあるようだ。それは、ポーランド人自身が、ナチスから見れば「絶滅すべき対象」であり、ナチスの構想としては、ソ連を打ち倒した後、ポーランド人をウクライナに強制移住させて絶滅するまで農奴として酷使する考えだったことに起因している。つまり、「ユダヤの次は自分」という気持ちがあったため、相対的にはナチスへの協力度は低かった。フランスの場合、ヴィシー(ペタン)政権という対独従属政府が成立したため、むしろ「独立を維持するために」政府を挙げて協力(密告)する傾向があった。
とはいえ、ポーランド・ユダヤ人の生存率が約1.7%だったのに対し、フランス・ユダヤ人は約32万人のうち殺害されたのは8〜10万人とされており、数字を見る限り、やはりポーランド(人)が免罪される理由は見当たらない。

新法の目的は「ポーランドの対外イメージを守る」というものらしいが、これは「被害者としてのポーランド」を前面に出し、「加害者・協力者としてのポーランド」を隠蔽する狙いがあると見て良い。
この辺は非常に日本と似ている。日本政府の場合、「被爆国としての日本」を前面に出す一方、「侵略者・加害者としての日本」を隠蔽すべく、膨大な公共リソースが割かれている。
ハンガリーでもこうした傾向が顕著になっていると聞くが、ナショナリズムと歴史修正主義の隆盛が国際社会にどのような影響を与えるのか、今後も興味深く見守りたい。
posted by ケン at 12:26| Comment(2) | ロシア、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすがにこれは逮捕起訴されてもEUの欧州人権裁判所で無効になりそうですけどね。
それまで萎縮効果は否めませんが。

男前のアメリカ人がポーランドで触法行為をやって控訴上告まで戦ってみるとかしてくれるといいんですが。
Posted by taka at 2018年02月09日 13:40
この辺からもEU統合が怪しくなってきてますね。
旧ユーゴへのさらなる拡大も自分の首を絞めることにならないと良いのですが。
Posted by ケン at 2018年02月11日 16:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: