2018年05月28日

人手不足の実態を暴露する教員不足

【広島県内35校で教員不足 授業できない学校も】
 広島県内の公立の小中学校など35校で、教員が決められた人数に達していない「欠員」の状態にあることがわかりました。呉市では4月、授業を受けられない生徒がいた中学校もありました。
広島県教育委員会によりますと、県内の公立小中学校などを対象に調査した結果、35の学校であわせて38人が欠員状態になっているということです。その内訳は非常勤講師が12人、臨時採用の教員が26人です。このうち呉市の吉浦中学校では、1年生の国語と2年生の理科で必要な教員を確保できず、あわせて4クラス101人が4月分の授業を受けられませんでした。5月からは、ほかの学年の教員が授業を行っています。
「生徒や保護者に心配をかけ、大変申し訳なく思います」
(呉市教育委員会 学校教育課・高橋伸治課長)
呉市教育委員会は、求人を出すなどして新たな講師を探していますが、このまま見つからなければ夏休みや冬休みに補習を行う可能性があるということです。
「今後、非常勤講師を早急に配置できるよう全力で取り組んでいきたい」(高橋課長)
「由々しき事態だと思っている。生徒たちにしわ寄せがいくのはできるだけ避けていくことが望ましい」(広島県・湯崎英彦知事)
湯崎知事は会見で、教員不足により授業への影響が出ていることに懸念を示しました。
広島県教委は、定年による大量退職に新規採用が追いつかないことが教員不足の原因だとしたうえで、「他の都道府県でも事情は同じため、教員の確保に苦慮している」と説明しています。今後、学校現場での授業などへの影響を詳しく把握したうえで、教員の確保策を検討したいとしています。
(2018.5.15、中国放送)

突っ込みどころ満載。
「教員不足」と挙げつつ、内実は38人からの非常勤が空席という話。
日本では教員の場合も、他の民間企業と同じで、正規職員と非常勤・非正規に要求される仕事の違いはなく、単に雇用の保障が無い上に賃金が安いだけで、下手すると部活動の面倒まで無償で見させられるという。部活動などの無償の仕事を引き受けないと、再雇用されない恐れがあり、非常勤教員はやむなく引き受けるケースが多い。

それでも、一昔前(十年くらい前か)は正規教員への道を信じて非常勤を続ける者も少なくなかったが、現在では正規教員の職場環境がさらに悪化して、敢えて非常勤を続けるものは減少の一途をたどっている。にもかかわらず、正規教員の定数は少子化を理由に減らされ続け、非常勤の枠ばかりが増えているため、「バイト教員がいない」という状態に至っている。

にもかかわらず、行政側は「新規採用が追いつかない」「他の都道府県でも事情は同じ」という愚にも付かない認識であるため、その誤った認識が誤った対応にしかならず、悪循環に陥っている。ガンであるにもかかわらず、医者が「風邪ですね」と診断すれば、あっという間に悪化するのは当然だろう。

これを解決するのは実は簡単で、教員の給料を他県比で5割増しにした上で、部活動や学校行事を全廃して勤務時間の3割減を実現すれば、あっという間に日本で最も優秀な教員が集まるだろう。
政治と行政の無能がそれを許さないだけの話であり、現行システムは遠からず衰退、死滅するだろう。

【参考】
深刻化する教員不足 
posted by ケン at 12:56| Comment(3) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
システム利用者、子供の保護者はどう対処すべきでしょう?インターナショナルスクールにでも通わせますか。
Posted by ガースー at 2018年05月28日 21:52
経済的余裕があれば富裕者が住む地域に近づけば個別的には解決できると思います。ただこの解決方法は、典型的な社会的ジレンマで、早めに政治指導者層(の認識)を一掃するしかないと考えます。個人的には(保護者としては)ぎりぎり大丈夫な地域でラッキーでした。ただ、ここもやがて腐海に沈む…かも。
Posted by hakoniwa at 2018年05月29日 12:09
日本の現行制度はもう10年くらいは続きそうですから、逃げ切れる人もいるでしょう。それに、ソ連が崩壊しても、学校や大学が無くなったわけではありません。せいぜい授業が減って、水準が下がる程度です。日本に住む続ける以上、そのリスクは甘受する必要があるでしょう。
自民党的には、防衛費を2倍にするそうですから、今後さらに教育費が削られそうで、その辺も見極める必要があります。

個人レベルで教育水準の向上を訴えるとしたら、本ブログで常に指摘しているように、部活動と学校行事を全面廃止することです。それだけで教員に余裕ができ、授業時間も内容も大幅に改善させることができます。
Posted by ケン at 2018年05月29日 12:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: