2018年06月01日

安倍氏三選か

【安倍首相、連続在職3位 総裁選3選で歴代最長も】
 安倍晋三首相の連続在職日数が28日で1980日となり、小泉純一郎元首相と並んで歴代3位、29日に単独で3位となる。9月に行われる自民党総裁選で3選を果たせば、通算在職も含め歴代最長記録の更新が視野に入ってくる。
 安倍首相は平成18年9月からの第1次政権で366日務めて退陣した後、24年12月に再び首相に就いた。同月の衆院選を含め自民党総裁として衆参両院の国政選挙5連勝は初めてで、長期政権を築いている。
 連続在職日数は、9月の総裁選で3選を果たせば来年2月21日に吉田茂氏(連続2248日)を抜いて2位となる。
 さらに32(2020)年8月24日に佐藤栄作氏(連続2798日)を抜いて、歴代1位となる計算だ。33(2021)年9月末までの3期目の党総裁任期を全うすれば連続3201日に達する。
 一方、通算の在職日数はこの28日で2346日となった。これは戦後で3位、戦前も含めた歴代では5位だ。
 順調ならば、来年8月24日に佐藤栄作氏(2798日)を抜いて戦後1位、11月20日には歴代1位の桂太郎氏(2886日)を抜き、憲政史上最長の首相となる。
(5月29日、産経新聞)

財務省から森友・加計関連資料が提出されたことを受けて、これまでの政府答弁の多くに虚偽があったことが発覚、国会は炎上して野党が追及を強めているものの、首相も官僚も「どこ吹く風」で相変わらず「質問と無関係の説明をする」「個別案件には答えられない」などに終始している。
これは、本来近代議会が有する行政監督権が全く機能していないことを意味し、今後さらに腐敗が蔓延してゆく可能性を示唆している。実際、狛江市長や日大幹部の対応を見ても、明らかに閣僚や霞ヶ関官僚の答弁を模したものになっていることが分かる。

一方、野党は野党で、提供された資料から判明したこと以外は新たな証拠を提示するには至っておらず、事実を突きつけて逃げ道を塞ぐまでにはなっていない。
そもそも政府側が今まで隠してきた資料を出してきたのは、「この程度では内閣は倒れない」という判断があるからで、麻生財務大臣も余裕顔を続けている。
「証拠文書を廃棄してしまえば罪に問われない」という社会文化は近代国家にはそぐわず、戦後民主主義の終焉を暗示している。

全国的には支持率を下げつつある安倍氏であるが、自民党内での支持は堅く、内部調査では二位の石破氏を大きく引き離してダントツのトップにあるという。これが僅差であれば、派閥力学が作用して変動も起こりうるが、現状では安倍氏三選の確率が上がっている。
当初は「国会延長はやっても数日間」と言われていたものが、今では「二、三週間」となっていることも、自民党側に余裕があることを示している。要は「野党の攻勢は国民の支持を受けておらず、脅威にならない」という認識である。

現状では、さらなるスキャンダルが出ない限り、安倍氏が三選すると思われるが、大手紙が大スキャンダルを準備しているとの情報もあり、その場合は8月末か9月頭に暴露されることになるだろう。ただ、これも野党側の希望的観測である可能性が高い。
また、「総裁選前に辞任する」という観測もいまだ根強く存在するが、根拠は無く、やはり希望的観測の域を出ない。

仮に「三選危うし」という状況となった場合、安倍氏は衆議院を解散して、総選挙に挑むパターンも考えられたが、現状ではわざわざリスクのある解散に打って出る必然性は非常に低い。

なお、安倍氏が三選した場合、政権や政府の腐敗が容認されることを意味するだけに、統治システムの腐敗と劣化が急速に進むと考えられる。
posted by ケン at 12:19| Comment(4) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 どうも、ケン先生。
先生は選挙制度にはお詳しいと思いますが、国政は選挙区は区切らずに「全国一区」にするのは、どれ位現実味があるでしょうか?
たかだか10万票で安倍晋三は首相になっているんですから。
山口4区の選挙民は、日本を滅亡に導く張本人ですね。
やはり、国政選挙は「全国一区」でなければならないと思います。
日本国に関わる事なので、北海道の選挙民が沖縄県の候補を投票できる
様に、またその逆もできる様にしなければなりませんね。
SNSメディアが発達している今、選挙区なんて無意味なのに・・。


Posted by ムラッチー at 2018年06月01日 21:45
自分も地域利益の代表者を選ぶだけの選挙区制度には以前から疑問を呈しています。
ですが、全国区だと人気投票にしかなりませんから、芸能人や全国規模の利益団体・中間団体の代表者ばかりになって、状況はさらに悪化しそうです。

自分としては、大ブロックによる比例代表制か、常任委員会別の全国一選挙区制度(投票権は一人につき常任委の数になる)が良いと考えています。民意を反映させるなら前者が、専門家を選ぶという点では後者が勝ってますが、いずれも問題点があります。選挙制度に最良はないのです。
Posted by ケン at 2018年06月04日 13:09
https://note.mu/jun21101016/n/n2b866bd84a5f

ちょっと面白いものがあったので張っておきます。

視覚効果は威力がありますね。
Posted by ケンケン at 2018年06月04日 16:44
なるほど、これは面白いですね。
Posted by ケン at 2018年06月05日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: