2018年07月13日

魚は頭から腐る:文科省の場合

【「次官候補」がなぜ 佐野容疑者 政界進出うわさも】
 「信じられない」−。次官候補だった現職局長・佐野太容疑者(58)が逮捕された四日、文部科学省に衝撃が走った。東京医科大(東京都新宿区)に便宜を図り、見返りは自分の息子の不正入学。東京医科大の学生からは「裏切られた」と怒りの声も。昨年の天下り問題に続く不祥事で、教育行政への信頼失墜は必至だ。 
 エリート官僚だった佐野太容疑者は、文部科学省内で「将来の次官候補」と目され、政界進出のうわさも飛び交っていた。かつて一緒に政治家との折衝をしたことがあるという前文科次官の前川喜平氏(63)は、逮捕の一報に「え? 佐野君が?」と目を見開き、「信じられない」と首を振った。
 前川氏が官房長だった二〇一二〜一三年、佐野容疑者は総務課長。当時は「まじめで丁寧。安心して仕事を任せられた」という。「普段は物静かだが、山梨出身ということもあり、ワインにはうるさかった」と振り返る。現役の文科省職員も「間違いなくエリートコースを歩んでいた」「次官になるべき人」と証言するが、佐野容疑者の下で仕事をしたことがある男性職員は「上にはいい顔をするが、面倒な仕事は僕らに押し付けてきた」と不満を漏らす。
 小杉隆元文相の娘婿で、政界進出のうわさも。出身地・山梨の知事候補にも名前が挙がった。同省高等局担当の審議官経験があり、本紙が今年五月、加計学園問題について省内で質問すると、目を合わさずに「その件は取材を受けない」とだけ答えた。
(7月5日、東京新聞)

逮捕された文科省局長は、小杉隆元大臣の女婿とのこと。霞ヶ関の閨閥化と「魚は頭から腐る」を象徴している。学生や教員に対する収奪を強化する一方で、大学行政への中央統制が強化され、エリート官僚の天下りも増える構図。中央権限の強化が、天下りや便宜供与の温床になる好例でもある。

森友・加計など政官業報の癒着構造がおぞましさを増し、表面化しても処罰されなくなっている中で、腐敗が蔓延しつつあることの証左でもある。トップが腐敗を見せ、国会で追及されても最終的に処罰を免れるのであれば、「じゃあ自分も」となるのは自然の話であり、モラル・ハザードそのものであろう。
同時に、大学改革の中で自治が奪われ、文科省の権限が強化されつつあり、大学側としては自らの権益を守るために中央官僚に便宜を図るインセンティブが高まっている。政治家・官僚のモラル・ハザードと大学の従属が、癒着と腐敗を生んでいる。

少し前に始めた"Kingdom Come"という中世欧州を舞台にした洋ゲーで、冒頭のチュートリアルから「Money first, Morals later」と教わり、「やっぱ洋ゲーだよな!」と思っていただけに、笑いが止まらない。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早稲田に天下った官僚もそうですが、自分たちで作った面倒なルールを、権力使って自分だけ逃れようとするアンフェアなところは本当に頭にきますね。

ただこの件は逮捕された割に最終的に罪に問えるかどうか個人的には疑問も感じます。
彼が便宜を図ったとされる補助事業は名目的には大学関係者の選考委員が選定となっており、官僚が原案作る場合でも選考委員の議決を受けているはずなので、「関与はなかった」と言い逃れができる可能性があるように思います。報道でもこの部分でどのように便宜を図ったのかハッキリ出ていないようにも思います。

えん罪の可能性もありますが、大学関係者が辞任しておりその可能性は低いでしょうから、これは相当悪質ですね。
Posted by ヤッシー at 2018年07月13日 14:07
古くから私立医大はコネ入学の牙城でして、東京医大は老舗の一つと言えるくらいなので、何らかの不正があったのは間違いないでしょう。これも忖度の一種ですから、森友・加計が罪に問われないように、そうなる可能性は否めません。そうなれば、「抜け道を使えば問題ない」という認識が広まるばかりで、ますます事態が悪化する恐れすらあります。まぁ腐り始めた魚を途中で止める方法など無いのかもしれませんが。
Posted by ケン at 2018年07月14日 09:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: