2018年08月06日

渡航前にプチ大人買い

一ヶ月後には渡航するというのにゲームを3つも買ってしまった。部屋を整理するに際して、絶対プレイしないものをけっこう処分したので、その反動?もあるだろうが。

IMG_20180803_094102.jpg

中国でもウォーゲーム・ボードゲーム文化が浸透しつつあり、赴任先にも数十人が所属するゲームサークルがあるという。幸いにして、日本語話者の一人を紹介いただき、すでに直接会って話をしているので、ゲーム環境はクリアしている。
問題はゲームを持参する場合、税関をクリアできるかどうか。中国に関係ないものであれば大丈夫そうなのだが、やはり初回は様子を見るのが無難だろう。持ってゆくにしても、春節の帰国時にするのが吉だ。
で、購入したゲームのラインナップを。

Burma.jpg
Legion Wargames『Nemesis』
新興メーカーであるLW社の新作。デザイナーはキム・ケインガー氏。インパール作戦をシミュレートした珍しい作品。これまではMMP社の『Burma』がメジャーだったが、キャンペーンはプレイ不可能な部類に入るため、手が伸びなかった。規模は大隊から連隊、1ターンは約2週間だが、各陣営は4つのフェイズを有する(1944.3〜44.7)。日本では「補給を無視した無謀な攻勢による悲劇」との評価ばかりに焦点が当てられるが、連合国は連合国で「中国軍を教育するスチルウェル、アメリカの影響力を排除したい蒋介石、ビルマに関心が無いチャーチル」と足並みが揃わない中での対応を迫られ、非常に難しい環境にあった。独特なルールはあるようだが、ユニットも文字も大きく、高齢者に親切な設計になっている模様。次の帰国時までに仮訳をつくってプレイしたいところだ。

HR-map-FINAL-120.jpg
GMT『Hitler's Reich』
GMT社の新作で、デザイナーはMark McLaughlin氏。第二次世界大戦の欧州キャンペーンを2時間でプレイできるカードゲーム。この時点で疑問符がついてしまうのだが、一応フルゲームで、コンポーネントも充実している。「ボードゲーム寄りのウォーゲーム」という新たな試みと、カードゲームなのにソロプレイ向きという謎なシステムに惹かれて購入。ただ「ルールは簡単」と謳っていた割に24ページもあり、訳すのは後回しになりそう。

UK43-MAP-2ndEd-1.jpg
GMT『Ukraine '43, 2nd Edition』
シモニッチ先生の名作の第二版。かなりルールが変わって、プレイアビリティが上がっているとの話を聞き、購入。基本は『France 40』『Normandy 44』と同じルールだそうなので、細かいところを確認すればプレイできそう。名作の誉れ高いから、同志の誰かが翻訳してくれると信じてる。
posted by ケン at 12:44| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: