2018年08月27日

加速する大学生の読書離れ

【大学生の読書離れが浮き彫りに 「1日の読書時間0分」過半数に出版社も危機感】
 全国大学生活協同組合連合会は2月26日、全国の大学生の生活実態調査を発表した。53.1%が1日の読書時間を「0分」と回答し、大学生の読書離れの加速が浮き彫りとなった。過半数が「0分」と回答するのは読書時間を問うようになった2004年以降初めて。
  1日の読書時間の平均は23.6分(前年から0.8分減)と3年連続の減少。一方で、1日に120分以上と長時間読書する層は引き続き存在しており、読む人の平均は51.1分と、前年から2.5分長くなっている。「読む人」と「読まない人」の二極化が進んでいるともいえそうだ。
 読書時間減少の原因として、スマートフォンの影響を挙げる声もあるが、同会によると「調査年ごとの読書・スマホ・勉強時間の推移を算出し、読書との関係の有無をみたところ、読書時間減少にはスマホ時間による直接的な強い効果はみられない(効果があるといっても極めて弱い)」という。
ma_do01.jpg

 では何が大きな要因となっているのか。同会は「14年を頂点として読書習慣のある学生は年々減ってきており、1年ごとに読まなくなってきていることが確認された」と分析し、大学生の高校までの読書習慣が全体的に下がっていることが影響を与えているとしている。
 アルバイトによる収入は自宅生・下宿生ともに増加。月の教養娯楽費や貯金額も増えている。その一方で月の書籍費は自宅生1340円(支出に占める構成比2.1%)、下宿生1510円(同1.3%)と、金額・構成比ともに1970年以降最低となった。
 出版関係者は「本は本来安価なメディアであったはずが、映像やゲームなどのより安価なエンタメが増えていることで、相対的に『コスパが悪い』と思われるようになっているのでは。横断的な雑誌読み放題サービス『dマガジン』や『コミックDAYS』のようなサブスクリプション(月額定額制)モデルが1つのカギになってくるだろう」と語る。
 また「これまでは読書好きに対しての施策を多く打ってきていたが、本気で新規開拓に向き合う施策を打っていかなくてはならない」と危機感をあらわにした。
(2018年2月27日、ITmedia ビジネスオンライン)

2017年全国大学生活協同組合連合会「全国大学生の生活実態調査」、大学生の53.1%が1日の読書時間0分。確かにニッポンはスゴいデス。
スマホが原因とは認められず、そもそも高校時代から読書習慣が無いと。
まぁ永田町でもロクに本読んでない人が多かったけどね。日本の失墜は単純に「知性と教養の喪失」と言い換えることも可能かもしれない。

近代化とは、技術革新に伴う工業化によって全人類が幸福に至るという考え方である。そのためには全人類の知的向上が不可欠であるため、義務教育が誕生した。これに対して、「単に工業化しただけでは、経済格差が広がるばかりで、むしろ人類は不幸になる」と考えたのが、初期社会主義者たちだった。

世界の多くの国で工業化が実現し、少なくない国で社会主義思想に基づく社会保障制度の整備が進んだことで、いわゆる先進国では前近代的な「不幸=不条理」は激減したものの、「幸福」が十分に実現したとは言えない。
工業化が実現したところで、反知性主義が蔓延し、若年層において知性の放棄が進んでいることは、果たしてどのような意味があり、今後どのような影響をもたらすのか、今後も注視してゆきたい。

posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
http://blogos.com/article/281600/

まあ、読ませてみたところで排外思想なりコミンテルン陰謀脳をこじらせたりエセ科学に走ったりするくらいなら……

http://b.hatena.ne.jp/entry/taweb.aichi-u.ac.jp/geogr/20180322AkioKondo.pdf

<東ドイツの国境が……

<いつの間にスイスは永世中立をやめたのだ?

<ヨルダンがイスラエルを併合し、ついでにゴラン高原も併合

<竹島が対馬海峡に

<これらの本の著者が「地理」や「地図」が大事だと言いながら自身は地理も地図もわかっていないことだけはよくわかる、“疑似科学というよりも反科学”

もう一つ最近の教育関係のネタを上げますと、愛知大学の先生が世に流通する「地政学本」のトンデモっぷりをひとつひとつ指摘しプレゼンにしておられました。特に予備校教師監修の本までアレとは一体。

反知性主義というと、某MARCHに通う私の弟が就活系のセミナーで「キャンパスにこもってないで外に出て行動しろ2年のうちからインターン参加してコネ作れ」と民間講師の“おありがたい説教”を聞かされたそうで、大分前から「大学の勉強なぞ役に立たぬ」式の言説が幅を利かす社会の当然の帰結ではあろうな、と思います。
Posted by スパルヴィエロ大公 at 2018年08月27日 16:27
自分は、たとえ排外主義本でも「読まないよりはマシ」と考えています。読書する意欲さえあれば、いつか「改心」するかもしれませんから。
むしろ学生時分にまともに本を読まなかった者が、大人になって「軽い」本に手を出してこじらせてしまうのではないか、と考えています。
もっとも、高校でも大学でも、「本を買うお金が無い」という理由から学生に新書しか薦められない、という話も聞きましたので、状況は複合的なのでしょう。中学、高校の場合は、学校行事と部活動に多忙すぎるという、あえて反知性主義を促進している気配すら感じられます。

企業だけでは無く、公共団体も同じで、「コミュニケーション能力」なる測定不能な基準を追求したことも、この傾向に拍車をかけたことは間違いなく、どこまで落ちぶれて行くのか、中国から楽しく拝見します。
Posted by ケン at 2018年08月29日 09:50
「永田町でもロクに本読んでない人が多かった」
政治家の事務所が映るときに書棚チェックを趣味(?)にしている身としては気になる言葉ですので、差し支えない範囲で「昨今の政治家読書事情」を聞かせて頂ければ幸いです。
個人的には「ミリオタ」と呼ばれるI議員と読書傾向はよく似ていますw
Posted by 一読者 at 2018年08月31日 20:54
私の印象では、65歳以上の古い世代の議員はまだ本を読んでいる方が多そうですが、若い世代になると、今の学生と同じで読んでも新書レベルです。社会党、社民党の議員では、高卒の方でも本棚と机に付箋の入った本がズラリと並んでいて、勉強かぶりが伺われたものですが、今では見受けられません。

逆に国会議員でも、ネトウヨが読むような本や軽いノンフィクション系が好まれており、劣化に拍車がかかっている気がします。

昨今の議員は、自民党でも公募や落下傘が多く、集票活動に時間が取られすぎて、まともに本を読む時間も無いのです。逆にインテリ系は「選挙ウケしない」との理由から公募に通らなかったり、忌避される傾向が強く、この点、有権者と同レベルの者しか議員になれないと言えるかもしれません。

時間が無いのであれば、無いなりに読む本を選別すべきですが、知的訓練が足りないことと、有権者ウケを狙って、どうしても低きに流れてしまうことも問題でしょう。
Posted by ケン at 2018年09月02日 09:31
ふーむ。ケン先生にはぜひ、これだけは読んでおけ!という書評まとめをいつか書いて欲しいところ。
Posted by カンカン at 2018年09月02日 21:47
なかなか万人にお薦めできるものって、それほど無いんですよね。
まぁ自分の視点と好みということで、近い内にまとめてみましょう。
Posted by ケン at 2018年09月03日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: