2018年09月01日

入試差別問題の論点

【「誰にも言うな」前理事長が口止め…減点操作】
 東京医科大(東京)が医学部医学科の一般入試で、女子と3浪以上の男子受験者の合格者数を抑制していた問題で、臼井正彦前理事長(77)が担当課長に女子や浪人生の得点を減点する操作を指示した上で、「誰にも言うな」と口止めしていたことが、関係者の話でわかった。大学を運営する学校法人のトップ自らが、秘密裏に不公正な入試を進めていた構図が浮かび上がった。
 同大は、一般入試をマークシート方式の1次試験(400点満点)と、小論文(100点満点)と面接による2次試験の2段階で実施。関係者によると、今年の小論文では、すべての受験者の得点に「0・8」を掛けて減点した後、現役と1、2浪の男子には20点を加点。3浪の男子にも10点を加点する一方、女子と4浪以上の男子については減点したままにする操作を行っていた。
(8月6日、読売新聞)


東京医大で一般入試に不正な得点操作がなされていたことが発覚した。
これ自体は珍しいことではなく、医学部が露骨なだけで、現実にはかなり広範囲で行われていると見て良い。そうしなければ、入試の得点だけで見た場合、女子の割合が圧倒的に増えてしまうケースが多いためだ。医者的には、「何を今更」の話である。

東京医大が問題になったのは、恐らくは内部告発があり、文科省との癒着が露呈したこともあって、芋づる式に発覚したためだと考えられる。同時に、面接で優先するのではなく、露骨に入学試験の得点を操作したことが、より悪質と判断されたのだろう。

医師の育成に特化した医学部、それも単科大学の場合、ジェンダーの割合に大きな偏りがあると、後継育成や医療行政に影響が出てくる。例えば、体力勝負の要素が大きい外科医の場合、女子の志望者が極端に少ないため、求められる人材が供給できなくなる恐れが生じる。逆に、小児科、眼科、皮膚科などが供給過剰になる可能性もある。

日本の場合、医師が聖職扱いされ、実質的に労働法制の埒外に置かれているため、病院勤務者などは超長時間労働が放置されている。結果、体力に劣る女性医師の離職率が高く、医療現場からは「男子をよこせ」との要求が非常に強い現実がある。この点を解決しない限り、女性医師を増やしても悪循環にしかならない。

旧ソ連、東欧では医師と教員は女性がもっとも進出した分野であったし、現在でもOECD諸国における女性医師の割合は50%近くに達しているが、日本だけが2割強でしかないのは、それだけ女性が働く環境として整備されておらず、劣悪な労働環境下で体力勝負を強いられていることを意味する。
長時間労働の他にも、日本は女性が働く環境が整備されておらず、医師に限らずどの分野でも女性の離職率が高い。これを放置して、「女性活躍」などのスローガンを並べ立てる一方で、「子どもを産まない」と自国女性を侮蔑する政党・政治家が日本を支配しているのだから、子どもが減るのは自然なサボタージュとして当然の流れだった。

東京医大の問題は、入学者選別の基準を入試の得点のみにしている点であり、面接や書類審査、あるいは「医師としての適性」といった数値化できない要素に重点を置いていれば、問題化は回避できたかもしれなかった。入試改革をせずに、露骨に点数操作のような不正を働いたのは、いかにも稚拙だったが、その辺が今の大学幹部の限界なのだろう。
一般的には、「数値化できない要素を入れると不正の温床になる」と言われるのだが、点数至上主義は一方で倫理や人格を考慮しない官僚や医師を育成してきた問題があることを忘れてはならない。

【追記】
叔母上から貴重な証言をゲット。三鷹にK林大学ができるおり、わが実家を含めて近所にある開業医を営業マンが廻って、「お宅のお子さんは(近所のよしみで)400万円で入学できます」と開店セールしていったという。国立大学医学部の学費が年1万円、慶応で30万円という時代である。父は既に東京医大に入学していたが、入学試験の面接とは別に、父兄面接なるものがあり、祖母(C市で最初の女性開業医)は破れそうなくらい分厚い白封筒を「手土産」に持って行った、とのことである。
posted by ケン at 00:00| Comment(0) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: