2018年09月04日

CCPでペリリューとビルマ

渡航前にCombat Commander: PacificをK先輩とプレイ。
CCをプレイするにしても、なかなか太平洋戦線までは手が回らないのが辛い。
今回は、あえてニューギニア、ペリリュー、ビルマの三つのシナリオをプレイしてみた。全てK先輩が日本軍、ケン先生が連合軍を担当。

ニューギニアはオーエン・スタンレー山脈を越えてポートモレスビーを目指す日本軍と豪州軍の戦い。
久しぶりだったので、ルール確認しながらのプレイとなったが、日本側が慎重だったこともあり、終始防御側である豪州軍が主導権を握りつづけ、時間切れを迎えた。やはり日本軍は機動と白兵戦を重視しなければ、優位性が生かされない。

IMG_20180818_133722.jpg
ペリリューは、飛行場を退去し、高地に籠もる日本軍と、それを攻める米海兵隊の戦い。
冒頭、二人しかいない米軍指揮官のうち一人が戦死してしまい、アメリカは苦しい展開。
仕方ないので、艦砲支援を繰り返すが、岩盤が固すぎて(防御値二倍)話にならない。史実通りだ。
移動して回り込もうとすると、地雷原やら鉄条網やらが現れて、足止めされた挙げ句、集中砲火を浴び、損害が増える。日本軍の火力(重機)はなかなか侮れないものがある。
五カ所ある重要拠点のうち二カ所を奪取するも、時間切れとなってしまう。
米ドラマ「ザ・パシフィック」の描写通りで萎えそう。

IMG_20180818_165250.jpg
ビルマは、雨期に入り撤退する日本軍と、英チンディット旅団残党の遭遇戦。
一応、英軍側が日本軍を待ち伏せての襲撃ではあるが、英軍側も配置がばらけている上、負傷兵を抱えている(最初から裏返っている)。
日本軍は隊列が伸びきっているところを襲撃される。
英側はアンブッシュの効果を十分にいかせず、日本軍の再編を許してしまうが、日本軍も今ひとつ火力を集中できず、殴り合いになってしまう。英軍はグルカ兵で白兵戦値が高いため、果敢に白兵戦を挑んで戦果を挙げて行くが、損害も増えていった。
最終的には、二点差で英軍が勝利したものの、それは日本側が「突破(脱出)」による得点を失念していたためであり、仮に二部隊も突破させていれば、日本側が勝利していただろう。

相変わらず好バランスでハラハラドキドキさせてくれるゲームだ。日本陸軍の強さを体感できる数少ない作品の一つである。
posted by ケン at 13:23| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: