2018年09月23日

中国のゲームカフェでデビュー戦

中国に赴任するにあたって、この街を選んだ理由の一つに「ゲーマー仲間がいる」というのがあった。
やはり前回のロシア滞在で厳しかったことの一つに、40年近い趣味であるボード・ウォーゲームができなかったことがあっただけに、今回はそこはクリアしたいと思っていた。
中国は幸いにして、この分野も急伸長しているらしく、今では様々なゲームが日本よりも早く中国語版が出るような様になっているほど。スケールメリットの問題だろう。この点ですら、日本は厳しい状態にある。
自分の場合、Y崎さんのツテで現地在住の上、日本語がペラペラのゲーマーさんを紹介してもらい、日本でも何度か会っていた仲なので、非常に心強かった。

で今回、ようやく生活も落ち着いてきたので、ゲーマーデビューを果たすことに。
このXさんと一緒にボードゲーム・カフェに行くのだ。
中国には、日本のような会議室を借りられるような公民館がなく、日本で言うボードゲームカフェでやるしかないという。
まぁ中国で超安価で会議室を借りられる公民館ができた場合、会議室を抑えて転売利用するケースが用意に想像されるだけに、難しいところだ。

カフェは市の中心部にあるビルの一室で、地下鉄の駅からも近い。
部屋が3つあって、だいたいテーブルが2つずつくらい置いてある。繋げればけっこうなビッグゲームもできそうだ。
ドリンクフリーで一日30元(約500円)だから、日本の4分の1から6分の1くらいだろうか。
もっとも、ドリンクフリーとは言っても、「水かコーラ」みたいな話ではあるが。

IMG_20180922_194257.jpg
おいてあるゲームも非常に豊富だが、ボドゲだけ。

その日は、自分が知らないボードゲームの卓、カードゲーム卓が2つ立っており、私が案内された部屋では、一つのテーブルが鉄道敷設のボードゲームで、もう一つのテーブルが自分の卓となった。
台湾のボードゲームで、その名も「ユートピア」。名称からして引いてしまいそうだが、台湾では非常に人気があるという。
あえて言えば、「フンタ」に近い政治ゲームで、各プレイヤーはある一族の長を務め、二世代後の覇を競う。
基本は資産を増やすことが目的と成るが、社会の格差が拡大すると、政治が不安定になり、大不況や政変や革命が起きて、築き上げた資産が台無しになってしまう恐れがある。
また、世代が進行すると、新たな政治体制が「発明」されて、税が課されたり、資産の分配がなされたりする。その政治体制は「投票」によって決定されるが、そこは人脈を広げた一族が有利と成るため、資産を増やせば良いというのは近視眼的と成る。

IMG_20180922_162021.jpg

勝利条件が非常に複雑で、格差が極小だと最後に政治家だったものが勝ち、格差が中程度だと資産が多いものが勝ち、格差が大きい場合は、富裕層と貧困層に分かれて投票して勝った側が勝利する。実際にはさらに複雑な設定があって、とても一回の説明では理解できない。
だが、ルールもカードもすべて漢字で書かれているため、日本人的にはほぼ問題なくプレイできる。たまに確認する程度だ。

IMG_20180922_152439.jpg

プレイヤーは6人。最初は何をやったら良いのかわからずに出遅れたが、一つ一つのプレイの失敗が致命的になるようなゲームではなく、ランダム性や予測不可能性に重きが置かれていることは分かったので、途中から「格差拡大で革命か政変による勝利」を目指した。それが当たって、最後は勝者の一人となったが、「これで勝ちといわれても」という感じ。資産を増やすことに血道を上げた若者二人は納得ゆかない顔だった。そりゃそうだろう。だが、そこは「年の功」というやつだ(笑)

確かに面白いと言えば面白いのだが、いかんせん予測不可能性が高すぎることと、勝利条件が複雑すぎるし、「これは一体何をシミュレートしているのか?」という気もする。
いや、駄目出しをするするつもりは無いのだが。。。

その日はもう一つゲームをプレイしたのだが、それは次回報告したい。









posted by ケン at 21:27| Comment(2) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはうらやましいことですね、しっかりゲーム出来そうですね!

ゲームの関税は大丈夫でしょうか?
Posted by 石田博 at 2018年09月25日 19:44
ゲームでもなんでも基本的に複数持ち込むと「転売目的」とみなされる危険があるわけですが、それ以外は基本大丈夫な模様です。
Posted by ケン at 2018年09月26日 23:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: