2018年10月13日

強気すぎ、かつ自由主義の権化と化した中国?

【中国、関税再び下げ 11月に機械や紡績品など1585品目 】
 中国の国務院(政府)は26日の常務会議で、11月から関税を引き下げることを決めた。対象は機械類、紡績品、紙製品など1585品目。引き下げにより、平均関税率は2017年の9.8%から7.5%まで下がる。関税下げは18年7月につづく措置。米国が保護主義を強めるなか、中国は逆に関税を下げて自由貿易を守る姿勢を訴える。
 関税下げの方針は李克強(リー・クォーチャン)首相が9月の夏季ダボス会議での講演で表明し、今回正式に決定した。関税下げ対象の1585品目のリストは公表していない。
 主な分類ごとの平均関税率をみると、工作機械など機械類は12.2%から8.8%に、紡績品や建材は11.5%から8.4%に、紙製品などは6.6%から5.4%にそれぞれ下がる。
 中国は7月にも日用品など1449品目を対象に関税を下げており、大規模な引き下げは今年に入って2回目。18年の一連の引き下げにより、企業や消費者の関税負担は600億元(約1兆円)減るとしている。中国は17年12月にも日用品などの関税を下げており、直近1年間で3度目の大規模な引き下げとなる。
 中国が関税を下げるのは、保護主義を強める米国に対抗する狙いだ。米中は7月以降、お互いに追加関税を発動しあっている。現在までに米国は計2500億ドル分、中国は計1100億ドル分の製品に関税を上乗せした。追加関税の応酬で打撃を受けた国内製造業などを支援する狙いもある。米国以外からの設備輸入にかかる関税を下げ、負担を減らす。
 トランプ米大統領は中国の平均関税率が米国よりも高い点を「不公平だ」と批判する。積極的に関税率を下げて批判をかわす狙いもありそう。自由貿易を守る姿勢をみせ、欧州連合(EU)や日本が米国と結束して中国に圧力をかける事態を避けたい考えだ。
一連の関税引き下げでは紙おむつ、炊飯器、しょうゆ、化粧筆など日本企業が強みを持つ商品も対象になった。日本企業にとっても中国市場を開拓する機会が広がりそうだ。
(9月26日、日本経済新聞)

【中国全人代、個人所得税法の改正を承認】
 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は31日、個人所得税法の改正を承認し、基礎控除額を月額3500元から同5000元(732.02ドル)に引き上げた。国営メディアが報道した。人民日報によると、納税者は子どもの教育、住宅ローン金利、家賃、重病の治療費に関連した費用の控除も可能になる。改正は来年1月に施行されるが、基礎控除の引き上げは今年10月1日に発効するという。
 財政次官は記者会見で、所得税法の改正案により、消費が大幅に押し上げられる一方、税収は年間で約3200億元減少すると述べた。財政省関係者によると、法改正後に納税者数が減少する見込み。都市の労働人口における納税者の割合は現在の44%から約15%に減少することが予想されるとした。中国国営の新華社によると、劉昆財政相は6月、個人所得税法の改正により、低・中所得者層を中心に全ての納税者に程度の差はあれ減税をもたらすとの見方を示していた。中国中央テレビ局(CCTV)の報道によると、月額の給与額が約1万元(1463.55ドル)の納税者は、税負担が70%減少する。
(8月31日、ロイター)

いや、中国強気すぎだろ〜〜
関税下げます、所得税下げます、では、一体どこから税を取るんだよって話。すべて経済成長頼みで、どこかギャンブルに勝ちまくってタガが外れかけている賭博師を思い浮かべてしまう。
まぁ脱税とか法人税に対する監視を強化しているようではあるし、将来的には資産課税を視野には置いているようだが、まだまだ先の話のようだし。
中国の税制は少し独特で、西側諸国では税収の4分の1前後を占める所得税の割合が、中国では5%ほどしかない。そして税収の中で最大は流通と消費に掛けられる「流通税類」が4割を占める。その後、法人税と関税がくるわけだが、法人税率は25%で、むしろ低い部類に入る。ただし、消費税は高く標準税率は17%で、そこから税率軽減がなされる仕組み。

中国はバブルが一段落して、消費低迷期に入りつつあると言われているだけに、米中貿易戦争の手前もあって、内需拡大に大きくスタンスを切り替えつつある。これらはそれを象徴する政策であるわけだが、ひとたび不況になった場合、極端に税収が落ち込むこと、また貧富の経済格差が拡大する恐れを抱えている。
本来は非常に自由主義の権化とも言える政策であり、社会主義国のものではない。だが、アメリカが保護主義を採る一方、中国が自由貿易を訴え、所得減税を行うという事態をどう説明するのか。是非とも西側自由主義史観の学者に問いたいところである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: