2018年11月02日

銀決済の革命性について

世界で初めて銀貨による公的決済を行ったのは元朝だったという。
それ以前は現在の価値で10万円に相当する現金を持ち運ぶためには、約5kgの銅銭が必要だった。だが、銀決済の導入により、同額の現金は50グラムの銀貨を持つだけで良くなった。この革命性とグローバリゼーションが理解できないと、真の歴史は理解できないという。

中国では、前漢期には銀貨が鋳造されていたようだが、市場決済が可能なほどの量産はできなかったらしい。
当然ながら、高額決済ができないということは、それだけ市場や流通の規模が規定され、資本の蓄積が進まないことを意味する。
同時に携行できる現金に限界があるということは、旅行や小商業も大きく制限されることを意味する。中世以前は大キャラバンを組まないと、商売などできなかったのだ。

最新の仮説では、蒙古帝国の成立に伴い、銀決済が導入され、それが南宋にまで及んだ結果、中国で不要になった宋銭が大量に日本に輸入、流通するようになり、室町期の経済的繁栄をもたらしたという。
但し、日本で銀貨が流通するようになるのは、江戸幕府の成立を経て江戸中期以降のことになるらしい。
古代・中世人や近世人がどのように決済していたかまで考えないと、時代劇もずいぶんと陳腐なものになってしまうということだろう。

私ももう一度上海博物館に行く必要がある。
ちなみに、5千人民元を持つためには中国人民銀行券で50枚、もしくは日本銀行券なら9枚必要だが、キャッシュレス決済の割合は中国の60%に対して、日本は20%に過ぎない。

【追記】
元帝国が銀決済を導入して、中国で余剰した銅銭が日本に二束三文で「輸入」され、日本で流通に乗った結果、室町期には「四日市」や「八日市」などの定期市が各地に生まれ、流通経済が形成された。同時に貸金業なども栄えるようになり、現在では悪名高き「徳政令」が発令されるに至っている。まだ現金決済ができるようになったため、足軽などの傭兵業も成立し、戦国時代に突入するきっかけにもなった。経済史を知らずに日本史は語れないということだ。
posted by ケン at 10:24| Comment(7) | 日本語、日本史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
へええ。。。貨幣史面白いですね。通信決済はロシア向けに衛星通信基地局売り込みしたときわりと勉強したのですが持ち歩き貨幣の話は考えた事ありませんでした。利便性安全性の進化ですな。

文末のキャッシュレス普及率は実感としては更に低いですね。どうしてここで使えないの?と言いたくなる決済場面は東京ですら10件中3件程度は確実にあります。さもありなんな古い小売店は勘案せずにですよ。現金信頼度ガ−とか個人情報ガ−とか漠としたものや揚句は使いすぎ防止など矮小化したオピニオンをよく目にしますが、2020年を持ち出すまでもなく決済手段を限る事で機会損失は確実に起きている筈で充分費用対効果が有りそうな規模の小売店が導入を躊躇する心理はちょっと理解し難い。ちなみに私が愛用している拙宅近所の昔ながらの銭湯は電子マネー可、外国人が多い近くの素泊まりホステル宿泊客取り込みに相当程度寄与している様子です。
Posted by mashimo.koichi at 2018年11月02日 10:54
貨幣論はかなりハマりますね。一歩間違えれば、古銭マニアに堕してしまいかねませんし(笑)

肌感覚では、こちらも決済の9割以上がスマホになっていますが、地方にゆけばまだ現金も多いのでしょう。
しかし、こちらで現金を渡すと、「本物かよ?」って感じでジロジロ見られて嫌な感じです。

紙幣も良いですが、コインの重みや質感も、いかにもお金な感じがして良いのですが、もはや年寄りの戯言でしか無いかもしれません。
Posted by ケン at 2018年11月03日 21:38
マルクス主義では、生産を重視、流通を軽視するが、最近、私は、流通こそ生産の元であると考えるようになった。まあ、当たり前の話なのだが、若い時に仕込んだマルクス主義の生産力論に捉われてアタマが固まってしまっていたと反省。

商品生産って流通が前提なので、流通がなければ、商品を生産することはあり得ない。
すなわち、流通が先で商品生産が後である。

ゆえになぜ、近代資本主義が重商主義が先行した英国で発生したのかも、了解できる。
英国は海上覇権で広大な流通路を支配していたからこそ、各種の商品生産がライバル国より必要とされたのであり、商品生産の誘因が高かったのであろう。
Posted by はなはな at 2018年11月05日 18:18
ソ連の経済政策における最大の失敗は生産ではなく流通を軽視し過ぎた点にありました。1960年代に穀物輸入に転じたのも、国内消費に十分な生産力は確保していたにもかかわらず、流通の不備によって失われる量が甚大だったことに起因していました。そこを改善できないまま、ペレストロイカと崩壊を迎えています。それもこれも、マルクス主義のドグマに忠実すぎたところに問題があったと見ています。そして、そこが中国との最大の違いとも言えます。
Posted by ケン at 2018年11月06日 18:14
事業者により有無濃淡は有りますが、CIS商売の肌感覚としては生産と流通が分断されてしまっていると感じる場面が現在でも有りますね。事業性具備には流通が不可欠という理屈は理解している様子なのですが、流通は流通の仕事だけ、製造は製造の仕事だけをしていれば良いと信じて疑わず両者の相互作用という概念を全く理解しない組織も1つや2つ以上見てきました。これは仰る流通軽視というより無機的な分業が長年続いた後遺症なのではと思ったのですが、どうなんでしょう。
Posted by mashimo.koichi at 2018年11月07日 20:59
流通の不備は帝政期からの悪弊でして、権力集中による不正の横行や官僚が強すぎて私企業が発展しないことなどが影響しています。例えば、第一次世界大戦、あるいは日露戦争期には、十分以上の弾薬や兵器を生産していましたが、前線になかなか届かず、途中で消えて売り払われてしまうわけです。日清あるいは日中戦争期などの中国もそうでした。官が民に介入しすぎる国では、健全な流通網はできないのだと思います。

ソ連もまた同じで、さらにマルクス主義のドグマで悪弊を悪化させてしまい、それが完全に悪習となって現在に至っているのかと。
Posted by ケン at 2018年11月08日 18:28
どうも私は流通と販売を混同した事を申していましたね。それにしてもロシアの流通不備の根幹は帝政期にありとは認識すらしていませんでした、誠に勉強になります。別国家であり歴史経緯は重ならないにせよ『権力集中による不正の横行や官僚が強すぎる故の私企業発展の妨げ』は現トルクメンなどはぴたりと当て嵌まると思います。陸の孤島という物理的な問題を持ち出すまでもなくまともな物流機能が非常に限られていて苦労が絶えませんでした。
Posted by mashimo.koichi at 2018年11月09日 12:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: