2018年11月08日

只今テスト作成中につき

教員生活で大変なことの一つにテスト作成と採点がある。
採点は機械的な作業なので、まだマシなところもあるが、ケン先生の場合、いくつかの科目について一から授業を作っているだけに、そこはテストも一から自分で作らないとならない。過去問などを参照できないこと、テスト作成も十年ぶりなこともあって、まずは内容よりも「設問をどうするか」から始めなければならなかった。例えば、100点満点のテストをつくるとして、配点と問題数のバランスから考えなければならず、感覚を忘れている私としては、それを取り戻すのに一苦労だった。

中間試験は一課目だけで、これは自由に作って良いのだが、わが勤務校は事務方がうるさく、期末試験の問題も11月末までに提出しなければならない。そのため、まず中間試験を作って、その上で期末試験の構想を練る必要があり、今はこれで週末が飛んでしまうほどの労働量になっている。しかも期末は、予め追試用の問題もつくらなければならず、当然ながら本試とは別の設問にする必要がある。これも規格化して、どうにか似たような問題にするが、本試よりも簡単にしないと再々試験や留年が続出するだけに、そのバランスも考えなければならない。そもそも学期半ばにして後半までの授業を考えてテストを作るのも難しい。
幸いにして先輩教員の配慮により、共通科目については私の負担は最小限にしてもらったので、私が作成するのは学部の2科目と大学院の1科目で済んでいるが、それでも普段の授業準備に加わるだけに、なかなかに厳しい状況が進んでいる。

できる限り先手を打って行動しているので、大方の目処は付いたものの、いかんせん個人事業なので、他人のチェックがきかず、「これで本当に大丈夫なのか?」という不安は拭えない。
やはり一年目はなかなかにハードである。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テストと題を見てゲームのテストプレイと勘違いしてしまいました。

更に読んでいてバランスときたら、テストもそのような苦労があるんだなと

そしてケン先生に教えていただきたワードがありまして、現在モダンウォーのソリティアキャリアバトルグループを訳していてこれで良いのかなと言うワードが

Maskirovka 調べて「欺瞞作戦」と訳したのですが
いかがでしょうか?

よろしくお願いいたします。
Posted by 石田博 at 2018年11月08日 14:41
試験作成でより重要なのは、難易度のバランスですね。
難しくしすぎると落第多数で追試の手間が増えるばかりで何も良いことはないし、そもそも競争試験ではないので落第させるメリットもない。8〜9割は合格させつつ、あくまでも不勉強な学生はきちんと落とし前をつけてもらう、といったバランスは経験がないと非常に難しいのです。

さてさて、ご質問の件ですが、欺瞞作戦でOKです。マスクは英語(さらに言えばラテン語?)のマスクから来ていますから、本来は偽装工作的な意味ですが、作戦となると欺瞞作戦で良いと思います。
Posted by ケン at 2018年11月08日 18:34
ケン先生ありがとうございます

すっきりしました、いろいろ調べると結局は英語のサイトで写真からとかで想像したり頭が動くときは読んだりするのですがゲームルールの英語程度ではすぐにふんずまってしまいなかなかです。ゲームとなれば好きでする苦労で楽しいのでもありますが

テストはサイコロ運ってわけにはいかないですがしっかり勉強して身につけておけば勝利条件達成できるので結局は先生次第ですか。。。いろいろありますね。

またよろしくお願いいたします。
Posted by 石田博 at 2018年11月09日 14:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: