2018年11月09日

河野外相、50%核兵器を持ったまま北に非核化を要求

【一回消えてしまったので再投稿】
【河野外相「終戦宣言は北朝鮮がちゃんと核をやめた上で」】
 河野太郎外相(発言録):
 (北朝鮮の非核化をめぐり)シンガポールでトランプ(米)大統領と金正恩(キムジョンウン、朝鮮労働党)委員長が会ったけど、何もそのあと進んでいない。それで制裁を解除しろというのはありえない。
 (朝鮮戦争の終戦宣言を出すことについて)なんとなく戦争が終わりました、みたいなことになると、じゃあ米軍は要らないじゃないかとか、もう少し韓国軍を減らせよとか、共同訓練なんかやる必要ないよね、という話がくるのは目に見えている。やっぱり北朝鮮がちゃんと核とミサイルをやめましたというのがあった上で、朝鮮半島の平和を維持できますよね、ということになるだろうと思う。(群馬県高崎市での自民党・山本一太参院議員のセミナーで)
(11月4日、朝日新聞)


またぞろ言わでもがなのことを。敢えて北朝鮮を挑発しているとしか思えないが、これは朝鮮半島の平和が実現した場合、日米安保の前提条件が失われるという日本政府(外務省)の都合に因るところが大きい。

仮に北朝鮮側が「ではお先に日本を非核化してはどうか」と言ってきた場合、困るのは日本政府でしか無いからだ。
日本政府は非核三原則を掲げているが、これはあくまでも政府方針でしかなく、法律や条約上の担保はなにもない。
その三原則すら、「核の持ち込み禁止」については有名無実化しており、何の意味もなしていない。
米軍による核兵器の持ち込みは、形式上「有事」「事前協議」の条件が付けられているものの、それは義務ではなく、日本政府が「協議があれば持ち込みは拒否する」との宣言を出したこともあって、米側が事前協議をすることはまずありえないと考えるのが自然だ。
事実、ライシャワーの補佐官だったパッカードらの証言により1960年代の一時期に岩国基地に核兵器が配備されていた事実が明らかにされている。
米国との核密約の存在は、現在では日本政府も認めており、日本政府としては「国内に核兵器はないと信じる」あるいは「日本国の施政圏内(米軍基地以外)には核兵器はない」以上のことは言えないはずだからだ。

かつて民主党政権下で核密約の調査をした際に、核兵器を搭載した米艦艇の一時寄港は、米国にとっては「持ち込み」にあたらず、非核三原則のもとでも継続されていたことを明らかにしている。
しかし、当時の岡田克也外相は、
「いざというときの、日本国民の安全というものが危機的状況になったときに原理原則をあくまでも守るのか、それともそこに例外をつくるのか、それはそのときの政権が判断すべきことで、今、将来にわたってそういったことを縛るというのはできない」
(2010年3月17日、衆議院外交委員会)

と述べ、アメリカ軍による核兵器の持ち込みを否定するには至っていない。このスタンスは当然その後も継続されている。

ゲーム的に言えば、日本は核カードを持ちながら、「これはブラフ用だから無いものとして扱ってよ。表にはしないけどね」と言っているに過ぎず、周辺国からすれば、「馬鹿にするのもいい加減にしろ!」という気持ちがあってもおかしくないだろう。
これはいわばシュレーディンガーの猫の原理で、日本には核兵器が存在する確率と存在しない確率が50%ずつ併存している状態にあることを示している。

この期に及んで、東アジアにとって最大の脅威は日本であり、河野外相であることを高らかに宣言するような愚劣な発言は、アジアに暮らすものとして全く迷惑極まりない話である。
posted by ケン at 20:01| Comment(4) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
『非核三原則』の刷り込みが有る我々にはハッとさせられるご指摘ですね。実態を知り得ないという意味で日本国内の核配備を「無い」とする根拠は我々の様な一般民は持ち得ません。現に岩国の件があったわけで。一方(これも素人感覚かも知れんですが)北朝鮮の非核化そのものが現実的と思えぬところにそれを前提に議論するからコトが進展しない有様を見るに何とも言えぬ無力感を覚えるんですね。こういう思考停止はイカンとは思うんですが。
Posted by mashimo.koichi at 2018年11月09日 13:09
北朝鮮の金正恩の非核化政策は本気ですね。つうのは、中国共産党の中央党学校に北朝鮮官僚を対象にした、改革開放政策の実務を教育するコースが創設されたからです。核を持ったままの改革開放政策なんて、中国にとっても危なくて仕方がないので認めるわけがないからです。

日本人は今のうちに朝鮮民族との友好関係をしっかり作っておかないと、後々の世代がとんでもない災厄を被りかねない。
有史以来、日本は朝鮮半島より稲作に適していたために人口が多く、それを背景に日本が朝鮮半島に手を出すパターンだった。が、それも21世紀までで終わりである。

今、韓国の防衛費は日本と同額レベル。北朝鮮の核を持ち出すまでもなく、南北朝鮮連合の軍事力は、日本を圧倒する。今後の北朝鮮の高成長と韓国の海軍力増強に連れて、この差は益々拡大していくだろう。
今のままでは、日本は南北朝鮮連合の主敵となって、団結を促進するための触媒にしか過ぎない。それもいいが、その結果、どんな災厄に見舞われるかわかったものではない。
北東アジアの歴史的流れ、変動をよく考えて歴史の大道を歩む政策を採用してもらいたい。
Posted by はなはな at 2018年11月10日 07:15
確かに現状のまま北朝鮮がすんなり核を全廃するとは思えませんが、河野大臣や外務省のようにハナから「北朝鮮は信用できないから話し合うだけ無駄」という考えでは、日中戦争開戦時の近衛総理の「国民党政府を対手とせず」と同じ過ちを犯すことになるでしょう。まぁ日本は過去を反省せずに水に流すことを旨としていますし、現政権は明治帝政と十五年戦争を全肯定する立場にあるだけに、まぁ宜なるかなではありますが。
Posted by ケン at 2018年11月10日 21:06
限定的な場面でのtacticsとしてなら敢えて話し合いを拒否するのもアリなのかも知れませんが、コイツとは話さないと決めつけてしまっては衝突のリスクが高まるだけだと思うんですよね。お互い引っ越したり出来ない隣人同士でとるべき選択肢ではないでしょう。当方理解では北朝鮮の核武装は安全保障の一環でしょうから安全が担保されなければ全廃棄など起きるべくもなく、そこで話し合い否定ではね、と毎々モヤモヤします。いくら主導的立場におらずともstakeholderとしてこれはちょっと。
Posted by mashimo.koichi at 2018年11月10日 23:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: