2018年11月20日

Fallout ボードゲーム

久しぶりにゲームカフェに顔を出す。
なんだかんだいって一ヶ月ぶりになってしまった。
土曜には学会があったり、イベントがあったり、実質通訳代わりになっているXさんと予定が合わなかったりで、なかなか都合が付かなかった。まぁ慣れてくれば、もう少し調整つけやすくなるはずだ。

一ヶ月ぶりとなった久しぶりのゲームは、「Fallout」。
米ベセスダ社がPCなどで出しているTVゲームのボドゲ版である。核戦争後の地球を舞台に、生き残りと世界の秘密を賭けて人類が相争う世界を描く。
まぁマッドマックスとか北斗の拳的な世界観で、ロボットとかミュータントなんかも出てくる。
私はどうも世界に入り込めそうにないのでTVゲームもボドゲも未プレイ。

ゲームを見てみると日本語版で、Xさんが日本に仕事で出張した折に購入したとのこと。
確かに色々ありそうで、中国のコードに引っかかる可能性が高く、中国語の翻訳は難易度が高そう。
しかも、その場でルールブックを読んで、ユニット等の切り離しもやるという、いかにも中国的なアバウトさ。

シナリオは4本あるので、全容は分からないが、どうやら2つの対立するグループがあって、どちらかに加担しながらプレイを進め、獲得した「指針カード」に従って「影響力(=VP)」を得、それが一定の数値になると勝利宣言できるというもの。
途中、新たなタイルを探索して、街や都市を捜索して、ワンダリング「モンスター」を倒したり、クエストを遂行したりしながら、経験値とアイテムを獲得してキャラクターを強化してゆく。
キャラクター同士の戦闘は基本的に起きないので、基本はソロプレイ系だが、2つの勢力のどちらかに加担する場合は協力することもありうる。概ね、抗争に勝利した側に付いていたキャラが勝つようで、協力プレイの要素も少しある。
敢えて言えば、ルーンバウンドに近いノリだろうか。

WeChat Image_20181117200302.jpg

今回は人数上限の4人でプレイするも、Xさんがその場で日本語のルールを読んで、中国語で説明し、あやふやなところは私が確認するという、何とも心もとない状態で始まる。
しかも、ドイツゲームと異なり言語依存度が高いため、クエストやイベントのカードは全てXさんが翻訳するという、どう見ても無理ゲーならぬ無理プレイである。
日本語ルールを片手にプレイしている私も、何をしたら良いのか分からない状態なのだから、他は推して知るべしである。しかし、肝心の勝ち方=勝利得点の計算が分かりづらく、想像で補うしか無い。
一手番に2アクションできて、敵を倒して経験値やアイテムで自分を強化するというのは、ルーンバウンドと同じなので、私的にはギリギリ理解できたが、他の皆さんはみんな??状態。まぁもう一人は日本語の読解はできる(私が中国語を読める程度に)ので、ギリギリセーフなのか、中国的なアバウトさなのか、ゲームは淡々と進んでゆく。
さらに途中途中で、ルール解釈のミスや新発見があり、修正しまくり。

最後は業を煮やした一人が一つの勢力を実力で潰しにかかり、ゲーム終了した。
が、得点計算したら、私の一人勝ちになり、何とも微妙な空気に。
いや、自分も自分では勝利宣言できなかったから、こういう仕打ちになったのであって・・・と説明する言語力もなく、厳しいものがあった。
私の場合は、色々な経験があって、だいたいこれをやっておけば酷いことにはなるまいという相場観があった上でのものなのだが。

まぁそれなりに雰囲気が出ており、好きな人は好きかもしれないが、自分的には「ルーンバウンド」を推したいところである。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: