2018年12月24日

たかが捕鯨、されど捕鯨

【政府、25日にもIWC脱退決定】
 政府は約30年ぶりの商業捕鯨の再開に向け、クジラ資源の管理を担う国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を早ければ25日にも決定し、その後表明する見通しだ。日本の国際機関脱退は戦後ほとんど例がなく極めて異例。国際社会から協調軽視との批判を浴びることは必至だ。
 政府内で脱退を決めた後、来年脱退するための期限に設定されている来月1日までにIWC側に通知する方向だ。この場合、脱退する来年6月30日以降に商業捕鯨が可能になる。商業捕鯨は日本近海や日本の排他的経済水域(EEZ)で実施する見通し。
(12月23日、共同通信)

「親が親なら子も子」ということなのか。
秩序というのは、「何となく守らないといかんよね」という意識が共有されているからこそ守られる。確かに、秩序の担保として暴力や権威などが必要になるのだが、あくまでも担保は担保に過ぎない。
例えば、ソ連あるいは東ドイツなどの崩壊時には、ソ連軍もシュタージも健在だったが、担保として機能はしなかった。勤王派で明治帝政の功臣の一人だった田中光顕などは、御一新から数十年経た後に、「あの天下そのものだった幕府が本当に倒れるなど、最後の最後まで信じられなかった」旨を回顧している。秩序とはそういうものだのだ。

戦後世界の秩序は、基本的にアメリカとソ連の武力と影響力をもって保たれていたが、まずソ連が崩壊し、アメリカ一強体制が成立したものの、1990年代から地域紛争は拡大の一途を辿り、2001年からは本格的な「対テロ戦争=ラビリンス(迷宮)」の時代に突入、米国の基礎体力を奪っていった。
2010年代に入ると、もはやパックス=アメリカーナの限界が見え、ついには覇権放棄を掲げるトランプ大統領が選出され、今日に至っている。戦後の国際秩序が、米ソ二強体制を前提に成り立っている以上、ソ連がなくなり、アメリカが覇権放棄を進めれば、瓦解あるいは融解は免れない情勢となっている。
アメリカとしては、中国に覇権を委譲したいところなのだろうが、国際社会も中国も望まないため、アメリカが一方的に少しずつ覇権を放棄しつつあるのが、現状と言える。

その親の姿を見ている以上、日本としても「親がやっているんだから、俺もいいだろう」とグレるのは時間の問題だったかもしれない。しかし、最初にやるのが「捕鯨委員会」というのは、いかにもセコい気はするが。
「アメリカが自国第一主義で行く以上、我々もそうならざるを得まい!」というのは理屈の上では理解できるが、捕鯨委員会の脱退がそこまで自国の国益に益するものかと言えば、逆のようにしか思えない。陰謀論的に考えれば、「和歌山選出の二階幹事長ガー!」ということになるのだろうが、どう見ても無理がある。捕鯨業者にそこまでの政治力があるとも思えないし、「脱退して近海捕鯨を再開する」という説明も無理筋(脱退の必要ない)で、分からないことだらけだ。
この点、「リットン報告」で国際連盟を脱退してしまった戦前の故事や鼻息の荒さが思い出される。
10月2日にリットン報告書が公表される。それは、満州事変における日本の自衛権発動を認めず、満州国も承認しないというものだったが、一方で原状復帰ではなく、満州を日本を始めとする国際社会の共同管理下に置いた上で、排日運動を取り締まり、日本側の諸権益を認め、拡充することまで容認していた。今日の我々が読んでも、「御先祖方はこのどこが不満だったのきゃ?」と言いたくなるほどのものである。にもかかわらず、翌日の新聞各社は、
『東京朝日』――「錯覚、曲弁、認識不足―発表された調査団報告書」
『大阪朝日』――「認識不足と矛盾のみ」
『東京日日』『大阪毎日』――「夢を説く報告書―誇大妄想も甚し」

という大見出しで、「依然たる認識不足」「全編随所に日本の容認し得ざる記述」「徹頭徹尾偏見にもとづく」などの具合で非難轟々の有り様となった。
11月には国連で報告書の審議が開始されるが、松岡洋右代表の強硬姿勢をマスコミが英雄視して報道し、世論も同調、国際連盟脱退運動がヒートアップしていった。翌33年に入ると、2月にはリットン報告が採択されて、日本は国連を脱退、関東軍は熱河省と河北省に対する侵攻を開始した。
1920年代には各種軍縮条約を率先して締結し、国際協調路線が高い評価を受けて、国際連盟の常任理事国として確固たる地位を築きつつあったにもかかわらず、満州事変から1年半も経ないうちに脱退、自ら国際的孤立を招いてしまったのである。
リットン報告書をめぐる日本の報道について

ここに至っては、中国に「国際秩序を守れ」と諭される事態になってしまっており、誰のための秩序なのか分からなくなってしまっている。が、中国がそう言えば言うほど、「お前が一人勝ちしている秩序なんていらねぇ」という話になってしまって、ますます米中間がこじれることにもなっている。この点、中国はあまり上手くやっているとは言えないが、彼らも自信過剰に陥ってイケイケになってしまっており、どうにもならなくなっているのかもしれない。

確かに「しょせんはIWC」なのかもしれないが、戦後秩序瓦解の始まりと考えれば、将来的には笑えない話になるかもしれない。
バスチーユ事件だって、当初は誰も「国王処刑」「共和国成立」など予見していなかったのだから。

「何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ」 閑吟集
posted by ケン at 00:00| Comment(15) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
IWC脱退に関しては、日本のネットでは、「南氷洋調査捕鯨を止めるために」脱退するって説が流れていましたが、これ、説得力があります。

IWCを脱退したら、南氷洋での調査捕鯨はできませんから、「脱退したぞ!」と国粋派を自己満足させつつ、「止める」を言わずに実質的に止めることができるわけです。
いかにも、役所的な解決案じゃないでしょうか?




Posted by はなはな at 2018年12月24日 11:16
リクツとしては分かりますが、いかんとも都合が良すぎですし、やはり自分のことしか考えていないじゃないかと思います。
Posted by ケン at 2018年12月25日 13:12
やる側に色々言い分が有るのは当然として、とどのつまり国際的な忌避行為を継続するメリット・デメリットの比較議論と、自然科学に基づいた(捕鯨の)持続可能性考察が必要なのだと思います。しかし一般メディアではそれが聞こえてこないところに肯定派が頻りに言う固有文化保持論などが目立ち徒に『民族感情』が煽られている感はあります。ここに来てIWC脱退のニュースには「おいおいおい」という気分にさせられます。

方や個人的にこの捕鯨問題は突っ込んで調べ自前の意見を持つ程のmotivationに乏しいことも白状せねばなりません。そもそも鯨食自体が現代日本では限定的な牌であり実感が持てない事が大きいかも知れません。件の調査捕鯨も不可欠と分かる説明を聞いた事が無く、ぞろ固有文化保持論は単体としては理解出来るのですが、非建設的な主張一辺倒。たまに海外の取引先やら知人やらに捕鯨反対論をぶつけられ、しかし私当人に拘りは無く、かみつかれても困惑するばかりです。
Posted by mashimo.koichi at 2018年12月26日 13:36
この問題はあちらはあちらで感情的あるいは偏執的な反応を示すので、ますます萎えますよね。さはされど、こちらも半ば死文化した固有文化論を唱えているわけで、どこまでも議論がかみ合わない。最終的には、「死につつある文化を守る」か「国際協調」かという話だと思うんですけどねぇ。
Posted by ケン at 2018年12月28日 16:59
南氷洋での捕鯨は終了する、EEZ内の水産資源(鯨)は日本が管理する、ってことですよね・・・?
「調査捕鯨」の収支が如何ほどかは知りませんが、儲からない上に周りがぴーぎゃーうるさいからやめるってことならそれでいいんじゃないでしょうか。

International Whaling Commissionなどと御大層な名を付けていてもそこでやり取りされるのは感情論に過ぎないのであれば、お付き合いする必要があるのか疑問に感じます。
ま、人間は感情で動くものですし、ポリコレ棒どころかゲバ棒でぶん殴られないよう注意を払う必要はあろうと思いますが。
Posted by とよたつ at 2018年12月30日 20:47
題名にしたとおり、確かに「たかが捕鯨」であり、それ一個のものとしてはどうということもないのでしょうが、逆を言えば、「たかが捕鯨」のために国際社会に波を立たせる必要があるのかということですね。

これはまさに水産業者や水産庁が前者の「たかが捕鯨程度で外国にグチグチ言わせるな」という主張を行う一方、外務省は「たかが捕鯨程度で外国とケンカするな」という立場だったわけです。

まぁ日常生活でいえば、「PTAなんかくだらない」「美化委員とかウザい」なんて理由で一人だけ辞めてしまっていいんですか、ってことなんですけど、これだと私も「辞めていいんじゃね?」と思ってしまいます(笑)
Posted by ケン at 2018年12月31日 11:47
A.C.クラーク『楽園の泉』になんで鯨食べちゃいけないのか、書いてありますよ!
クラークの海洋小説はどれもイルカとクジラが副主人公です。
Posted by o-tsuka at 2019年01月01日 19:27
欧米人の感覚の原点はその辺なんだろうね。
Posted by ケン at 2019年01月02日 19:19
『楽園の泉』にはびっくり仰天な理由が明かされていて、どこまでが本気でどこからジョークなのかわからないようになっております(笑)
Posted by at 2019年01月03日 21:45
そもそも牛や豚はOKで、鯨や犬はダメとか、相当に無理筋な説明にしかなりようがないですから。百歩譲って、「養殖はOK」とすると、「養殖なら人間でもいいんだな」という話になって、自縄自縛あるいは自爆ですからね。
Posted by ケン at 2019年01月04日 14:10
まさにそういう素朴なお話がクラーク『海底牧場』→『楽園の泉』の根底にあるのです。
Posted by o-tsuka at 2019年01月05日 11:38
何らかの理由で世界的に食料の需給が逼迫する、という状況を想定し

1.IWCは公海での捕鯨を解禁を決議する
2.捕鯨枠が加盟各国に分配される
3.「我が国は鯨資源の保全に貢献してきた」として、割当を多く主張する

その日に備えて今の段階では反捕鯨で行く、というストーリーはいかがでしょうか。
そういう話でもないと、「International Whaling Commission」って何?ってことになりますし、まぁだから抜けちゃったんだと思いますが。

あぜ道に咲く彼岸花はかつて、飢饉の際の最後の食料だったという話を聞いたことがありますが、本当なんでしょうかね・・・?
Posted by とよたつ at 2019年01月27日 22:15
氷河期でも来ない限り、全世界的な食糧不足という現象は起きにくいですし、その場合、捕鯨がどうの等と言っている事態ではなくなるでしょう。

今回の脱退も「誰も俺の話を聞いてくれなかった」という身もふたもない理由だったんで、基本的には「交渉は無駄」というスタンスなんですね。
もうちと上手く立ち回れないのかと思います。

彼岸花は基本的に毒性が強いので、難しいと思いますよ。素人が毒抜きしようとすると、失敗して被害者続出かと。それに九月に咲く彼岸花を食べるとか、米が全滅という前提ですよね。
Posted by ケン at 2019年01月28日 14:38
んー、だめですか。

では、現在捕鯨に直接関わっていない国がIWCの場で主張すべきは何か、

1.公海は地球人類あるいは世界各国の共有物であり、水産資源もまた同様である
2.他国が公海上で捕鯨を行うことは自国の潜在的な権利を侵害するものである
3.IWCの場で主張すべきは公海における捕鯨の禁止である

と考えるとすると、日本としては

1.捕鯨による利益を適切に分配すれば賛同を得られる可能性がある
2.しかし分配できるような利益は出ておらず、その見込みもない
3.「調査」結果の他に提供できるものもなく、交渉のしようもない

0.そもそも利益が出ない以上、南氷洋における捕鯨事業からの撤退が妥当な結論である

これに国民の同意を得る手段として、IWCを脱退する
「脱退しちゃったんだからしかたないね!」
というのはどうでしょう。

結局のところIWC脱退で得られるもの、失うものを勘案し決断されたものだろうと思いますし、オブザーバーとして参加を続けるのであれば失うものはIWCにおける投票権(と発言権?)であり、現状それにさしたる価値はなく、将来的には・・・まぁ必要なら再加盟すればいいじゃん?という判断だったのかなぁ、と考えてみました。
Posted by とよたつ at 2019年01月31日 19:46
実は1933年の国連脱退時も、脱退後もしばらくは分担金を納め、一部の会議にはオブザーバー参加していたんで、まさに同じ手法を採っているんですね。もともと自分に不利益な会議だから脱退したんですから、離脱後はますます不利に働くのが普通なんです。

やはり国内向けには説明できても、対外的な理解を得るのは難しいでしょう。捕鯨だからあまり重大にはならないだけで。

アメリカがINF条約から脱退を表明してますが、世界の脱秩序は今後さらに加速しそうです。
Posted by ケン at 2019年02月02日 08:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: