2018年12月31日

2018年を終えて

2018年は永田町を去り、大陸に渡って、三カ国目(日露中)の公務員になるという珍業を成し遂げました。
後半は新たな生活と新たな職場、10年ぶりの教壇に多忙を極め、ブログの更新も半分近くに落ちましたが、お付き合いくださいまして、ありがとうございました。
永田町や霞が関のようなところにいると、いつしか内輪の論理や組織防衛に思考ががんじがらめにされてゆくので、「リベラル・デモクラシー以後」を見据える上でも、良い決断だったと自負しています。まぁこのまま引退して、老後のゲームライフでもいいんですけどね。

他方、中国は急速発展して、いまは日本の1980年代後半か90年代初めくらいのイメージでしょうか。
イケイケドンドンであるが故に、足下に大穴があいていることに気づかないというか、「だから何?」と思っているのか、そんな感じで、みな楽しそうではありますが、「その後」を知っている日本人からすると、「いつか来た道」にしか見えないところもあります。
この辺は冬休み中にでもちゃんと書きたいと思っていますが、生産力過剰で賃金コストが上昇している中国は、まさに米日の数十年あとを突っ走ってきたわけで、遠くない将来、米欧のように安価な労働力を移民に求めるか、日本のように国内で収奪(非正規労働者という二級市民を作る)か、あるいは第三の道を進むかの選択に迫られます。社会主義中国では、「共産党」が一党独裁を担っている以上、ドグマの上から第二の道を取ることはできず、かといって人口過剰のため第一の選択肢もなく、内実は相当に苦しい状態にあるのです。
ゲーマー的に言えば、「いまこの時点では勝っているけど、これって実は詰んでないか?」という感じ。一般的なゲームとの違いは、自分が負ければ、相手が勝つというわけではなく、「全員負け」という可能性も十分にあるということでしょう。

教育現場についてはあまり触れていませんが、中国の学生の現状はなかなかに惨憺たるもので、中国に10年近くおられる先輩も急速な水準低下に驚いているほどです。日本で言えば、1960年代の学生がいきなり80年代や90年代の学生になってしまったかのようなもので、すっかりレジャーランドあるいは就職予備校になっています。
少し前までは、「都会っ子はダメだが、地方出身者は真面目」という風潮があったのですが、いまや地方出身者が少なくなっていることと、その地方出身者も水準が著しく低下しているということです。
もちろん、真面目な学生もいるのですが、全体的なレベルが低下すると、授業の水準はどうしても中央値に合わせるほか無く、真面目な学生からすると物足りなくなってしまい、やる気をそいでしまう問題が生じています。

中国では29日が仕事納めで、2日から授業(試験含む)という日程で、まだまだゆっくりできる環境にはありませんが、30、31日と二連チャンでゲーム納めをして、新年と試験(成績付け)に臨みます。
一月末には一時帰国する予定です(入国拒否されなければ笑)。

それでは、皆さんも良い年をお迎え下さい。
posted by ケン at 11:31| Comment(9) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年も為になる記事を有り難うございました。
良いお年をお迎え下さい。
Posted by mashimo.koichi at 2018年12月31日 21:30
 どうも、ケン先生。
今年もお疲れさまでした。
いや、今年は特に・・ですかな?
来年の日本は各種公職選挙や皇位継承などで
色々忙しい一年になりそうです。

確かそちらでは旧暦で正月を祝うのですね。
もう一か月、お仕事もそれ以外も程よく
頑張ってくださいませ。




Posted by ムラッチー at 2018年12月31日 23:12
新しい環境での激動の数か月、お疲れ様でした。
統計データの改ざん、大臣の資質劣化とそれに対する批判封じ、国策としての株価維持の限界など、どれを見ても色々なことが益々詰んできているように見えますが、日本はオリンピックのどさくさとショック・ドクトリンで乗り切るつもりなのでしょうか。
たしかに中国も内実は張り子の虎なのかもしれませんが、実体経済や中間層の量的規模がすでに日EUを凌駕している状況ではしばらくは乗り切れるのではないかな、と考えております。そのあたりのことも今度一度御拝聴できればと思います。本年もよろしくお願いいたします。
Posted by 3110 at 2019年01月01日 01:48
あけましておめでとうございます

一時帰国お待ちいたします!

1989します??
Posted by 石田博 at 2019年01月01日 10:41
まったく2019年は皇位継承があるから、2018年のうちにできる死刑は全部やってしまえとか、改めて天皇制とは何かを考えさせられます。

おそらく日本の政治家も官僚も現状をどう乗り切るかしか考えておらず、先のことなど念頭にないでしょう。政治家に至っては、漸減するパイを少しでも自分に大きく切り分けるかしか考えていないように思えます。和歌山一派による捕鯨再開などその最たるものでしょう。長期的に考えたら、五輪などやるわけがなく、むしろ短期的な思考、短期決戦を切望するがゆえの東京五輪だったと考えられます。

中国はスケールメリットがあるので、張子の虎とは言いませんが、そのスケールメリットが寿命を延ばす分、高齢化の弊害も極端に大きくなり、一体どうなるのか興味深く見ています。

帰国したらまたお会いしましょう。
Posted by ケン at 2019年01月01日 15:42
明けましておめでとうございます。
海外で公務・教育関係のお仕事をされている方のお話は大変ありがたく参考になるので、これからも無理のない範囲で続けていただければと思う次第です。

中国の経済に関しては、まあ、右肩上がりは永遠じゃないよねという話なのでしょうが、教育の劣化については驚きですね。となると次にダイトウしてくるのはインドか……(でもヒンドゥー至上主義とか男尊女卑とかなぁ……)
年金は、農村部では制度がまだまだ未整備と聞いたことがありますが、現在はどうなっているのでしょうか。
Posted by スパルヴィエロ大公 at 2019年01月04日 09:22
ありがとうございます。
中国では全てにおいて急速に変化しているので、現状を正確に把握するのが難しくなっています。例えば、公的数字ではいまや都市人口と地方人口が半々になっていますが、約7億人が都市に住んでいるとか、我々の感覚ではちょっと想像がつきません。
年金は制度的にはかなり整備されてきている印象ですが、運用上はどうなんでしょうね。特に農村部の話はなかなか入ってこないだけに判断が難しいです。
Posted by ケン at 2019年01月04日 14:15
昨年は大きな変化の年でしたが、今年は安定の年、飛躍の年になることをお祈りしております。今年もよろしくお願いします。
Posted by TI at 2019年01月05日 03:36
ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いします。
Posted by ケン at 2019年01月06日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: