2019年01月04日

腐敗官僚による天下りの連鎖

【懲戒処分の元文科官僚が組織委入り 東京五輪・パラ】
 文部科学省を巡る接待汚職事件に関与した元コンサルティング会社役員から飲食接待を受け、辞職した前文科省初等中等教育局長の高橋道和(みちやす)氏(57)が2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会入りする。3日、関係者が明らかにした。
 高橋氏は15年10月に発足したスポーツ庁で長官に次ぐ初代の次長職を務めており、スポーツ行政の手腕が評価された。大会開催を翌年に控え、準備を加速させるための組織強化とみられる。高橋氏は昨年9月、国家公務員倫理規程に基づき減給の懲戒処分を受け、辞任を申し出ていた。
(1月3日、毎日新聞)

新年早々おめでたいニュースが。
腐敗役人が準公的機関に天下りしたのでは、何のために辞めさせたのか分からない。
むしろ先をとって辞任したことで、責任追及を逃れ、天下り先に転身したと見るべきだろう。
これでは腐敗構造が蔓延するばかりであると同時に、オリンピックそのものが腐敗構造の中核をなしていることを示している。

数年前、野党議員にも誠実に対応してくれた某省の局長が定年退職する際、「天下り先もまだ決まっていない」と嘆いておられたが、日本社会が能力や職務に対する誠実さで人物を評価するのではなく、組織に対する忠誠度や人間関係で評価される社会であることを示している。
日本社会が制度だけでなく、文化や慣習面においても堕落、腐敗していることの現れと言えよう。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これは丁度朝刊読んでておいおいおいと思った記事でした。

海外取引に携わるとえげつない腐敗を幾つも目にするものですが、その一方でred flag rankingに触れる機会などを通して日本も一般的に思われている程クリーンとは言えない事も知る訳です。

この際ですから腐敗は何処にでもあると整理しても「日本はクリーンだ」と無根拠に思い込まされている変な気風が大問題。

これにはこんな記事の様な話をさら〜りと寧ろ肯定的に(高い手腕だの何だの)伝えるに留めるメディアの芯の無さ、恐らくは有るのであろう圧力への忖度や空気読みの類を善とする気質に元凶が有るのでしょうね。

そしてこれは結局日本社会特有の悪いところなのだろうと残念ながら思います。
Posted by mashimo.koichi at 2019年01月04日 17:34
忠誠心過剰は、思慮過少。とか。

今の日本・・・

ではまた。
Posted by 遍照飛龍 at 2019年01月04日 18:38
こういうのばかりです。

茨城県、規則にない「顧問」任用 セクハラ処分元官僚も:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLDW5GTQLDWUJHB00N.html
Posted by at 2019年01月05日 03:34
こういうのばかりです。

茨城県、規則にない「顧問」任用 セクハラ処分元官僚も:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLDW5GTQLDWUJHB00N.html
Posted by TI at 2019年01月05日 03:34
キャリアだった元義父は付け届けをすべて返送する人でしたが
「誠実に勤めていたら官僚は資産形成などできない」
と言ってました。確かに裕福ではなかった。
Posted by o-tsuka at 2019年01月05日 11:30
まだ端緒についたばかりなのでしょうが、タガが外れて崩壊する過程というのはこんなものなのかもしれませんね。
Posted by ケン at 2019年01月06日 21:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: