2019年02月05日

「砲兵」から見た世界大戦ー機動戦は戦いを変えたか

917my-73OkL.jpg
『「砲兵」から見た世界大戦―機動戦は戦いを変えたか』 古峰文三 パンダ・パブリッシング(2017)

ブログで連載された記事をオンデマンド出版したものだが、非常に興味深かった。
砲兵の立ち位置や戦場における価値あるいはドクトリンが、一次大戦から二次大戦にかけて、どのように変質したかを描いている。

第一次世界大戦の主役だった砲兵は、その鈍重さから一次大戦までは兵器として重視されておらず(肝心なときに使えない)、一次大戦の塹壕戦に至ってようやく価値が認められたもののの、一次大戦の終結とともに軍事費の削減で忘れ去られてしまう。
砲兵中心の火力主義を、予算上と同時に人命重視の観点から覆したのが電撃戦、機動戦理論だった。
しかし、電撃戦も戦争の長期化に伴う、ソヴィエトや連合国の火力重視の前に潰え、最終的には火力優勢を得た方が勝利するに至った。
ドイツによる電撃戦は砲兵支援に代わる近接航空支援があったからこそ有効打を与えられたのであって、航空優勢が失われると、その威力は激減してしまう。

例えば、イギリス軍の戦車損失の要因をみると、北アフリカ戦線では対戦車砲によるものが40.3%、戦車によるものが38.4%だった。しかし、ノルマンディ以降になると、対戦車砲22.7%、戦車14.5%、間接砲撃・空襲などが40.7%となっている。
この辺は「パットンズ・ベスト」をプレイしたことがあるものなら、ある程度は納得できるが、やはり実感としては「そんなものだったのか」という感慨を抱いてしまう。
結局のところは、通信網の整備による砲兵支援の精度向上が決め手になるようだが、精度が低いと無駄撃ちが多くなって、消耗戦になってしまう。こうした課題は現代においても有効で、中東などにおけるアメリカ軍の空爆が決して決定打になり得ないことも、改めて理解させてくれる。

戦間期のドクトリンの変容と戦況の推移がどのように関わっているのか、エル・アラメインで起こったことの本質(英軍の火力集中と独軍の支援不足)、ソ連軍がなぜ強かったのか、日本軍がなぜ(意外と)頑強に戦えたのかなど、色々「目から鱗」のことが書かれている。
非常に簡潔にして要点を抑えており、いささか物足りないくらいではあるが、中途半端に戦史をかじっているものだからこそ、「なるほどそういうことだったのか!」という発見が得られる貴重な一冊と言える。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: