2019年02月07日

Stalingrad: Verdun on the Volga (LSG)

一部で話題になっているLast Stand Games社「Stalingrad: Verdun on the Volga」を初プレイ。
ケン先生が仮訳を作成したが、ルールは簡潔で英語も基本的に分かりやすかったので、翻訳もスムーズに進んで助かった。

デザイナーのMichael Rinella氏によれば、システム的にはターニングポイント・スターリングラードを踏襲しているも、いくつか不満があったという。
それは、現実のドイツ軍が市街戦で損害を増やし、戦力をすり減らして攻勢を頓挫させたのに対し、従来作ではドイツ軍の損害が殆ど反映されていないこと。またソ連側が一方的に叩かれる傾向が強いものの、史実ではソ連側が果敢に反撃して、少なくない打撃をドイツに与えていること。そして、ソ連崩壊後に新資料が公開されて、戦闘序列に訂正を要すること、を挙げている。

確かにアルンヘム・システムではあるが、ユニットがステップを持っているし、行動を行っても行動済みにはならず、理論上は1ターンに何度でも行動できるなど、違うと言えば違う部分もある。が、全体的には簡潔で違和感を抱くほどのことはない。
また、全体のユニット数も少なめで、1エリアのスタック制限は各軍4つと非常にコンパクトになっており、管理しやすい。プレイ・アビリティも格段に向上している。ターン数も基本シナリオでは5ターンしか無い。

実戦はK先輩とO先輩がドイツ軍、ケン先生が赤軍を担当。実際には二人で十分プレイ可能そうだ。
第一ターン、ドイツ軍は南部と中部で全面攻勢を開始。そこここでオーバーランが発生、あれよあれよと一部ではヴォルガ岸まで辿り着かれてしまう。ソ連軍の防衛線は一部で突破されたものの、ギリギリのところで戦線は維持される。
オーバーランは防御側が戦闘損害を吸収できない場合に発生するが、森林や瓦礫のあるエリアでは発生しない。また、ソ連側は1ターンに一回だけ「人民英雄」を使って阻止することができるが、これの使いどころが非常に難しい。全ての箇所できっちり守ることなどは不可能で、「どこを抑えて、どこを諦めるか」の判断も慣れないと難しそう。

第一ターンは奇襲効果や「十分な準備」があり、最終の第11インパルス(12は自動的にソ連用の夜インパルスとなる)まで攻勢が行われ、ソ連側はボロボロに。しかし、本作では攻撃側は必ず先導ユニットが1ステップの損害を受けるため、ドイツ側は十分な成果を挙げた一方で、戦力的にはすっかりすり減ってしまっている。この双方のプレイヤーが「もう無理」と感じる辺り、非常に史実に近いというか、銀一郎イズムで言うところの「現場指揮官のジレンマ」が非常に良くシミュレートされている。

WeChat Image_20190205114414.jpg

第二ターン以降、ソ連側は十分な補充を駆使して防衛線を固めて行く一方、ドイツ側は補充が追いつかず、突進力はどうしても減退して行く。特に防御力の高い市街地では、スツーカの支援が不可欠だが、各ターン2回しかできないため、航空支援を使って落とせないと非常に厳しい戦いになる。ソ連側は「いつもの」浸透戦術を使って完全戦力の部隊を送り込んで行くので、一ユニットでも残ると消耗戦が繰り返される。
従来作ではドイツ側に損害が出ないため、延々と攻撃が繰り返されたが、本作では攻撃側の戦力がすり減って行くので、ドイツ側はどんどん苦しくなって行く。

それでも第三ターンにはママーエフ墓地が陥落、ヴォルガ河沿岸も4エリア、6VPを確保し、勝利条件である10VPが見えるに至った。
だが、ドイツ側は戦力がすり切れる一方、ソ連側の防御は堅くなるばかり。赤軍の浸透戦術を抑えるためには、史実通りに全てのエリアからソ連軍を排除する必要があるが、それだけの戦力はドイツには無い。

WeChat Image_20190205114423.jpg

第四ターン、新たな増援を得たドイツ軍が北部から大攻勢をかけ、一部でオーバーランが発生するも、後続部隊が足りず、ヴォルガ河に辿り着く前に攻勢限界に達した。ここで「5ターン終了時までに10VPは無理」と判断され、投了となった。

WeChat Image_20190205114427.jpg

色々ルールを確認しながら約6時間プレイしたが、第一ターンだけで2〜3時間はかかっている。慣れれば4〜5時間くらいでプレイできそうで、プレイ・アビリティは非常に高い。
ただ、ドイツ側は非常にパズルチックな思考が求められ、先の形を想定しながら攻勢全体を構想する必要があるため、かなり負担が大きそう。
しかも、独軍の初期配置が悪形であるため、熟練プレイヤーは悪態をつきそうな感じ。
ソ連側はあまりプレイに選択肢がないものの、守る場所や優先順位を間違えると大惨事を招いてしまうため、「本当にこの配置でいいんきゃ?」と胃が痛くなるような感じ。
ソ連側が難しいのは、きっちり守まもることは最低条件で、必要に応じて有効な反撃を行って、ドイツ軍の後方を脅かすような作戦を採らないと、ダメかもしれないところにある。が、反撃は過少な戦力を減退させてしまうだけに、素人や初心者がやると、あっさり大惨事が起きそうな気もする。まぁゲームとしては、それ位の方が楽しそうではあるが。

独ソともに「超苦しい」というのは、完成度の高い作品であることの証左なのだが、それだけ精神衛生上あまりよろしくないゲームであることも示している。
まだ一度プレイしただけだが、価格を除けば、非常に完成度の高い優れた作品であると言えそうだ。

【追記】
仮訳(しかもプレイ例は半分しか訳していない)でよろしければ、個人的にルール訳を提供しますので、希望者は kenuchka@ヤフー.co.jp までご連絡ください。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: