2019年05月29日

想像以上に多忙な外国人教員

後期もあと一ヶ月を残すところとなったが、今期は(も)想像していた以上に多忙だった、いや、である。
二月末に中国に戻って、まず後期の授業計画書を作成。

これが終わるかどうかくらいの頃に、学外の研究機関から、以前私が講演の中で触れた「在日米軍が撤退する可能性」についてレポートを書いて欲しいとの依頼があり、三月後半はその執筆にあてた。だが、日本人に対しては説明不要のことでも、読者が中国人となると勝手が異なり、「説明が足りない」との指摘を受けて、加筆したところ二倍近い分量になってしまった。すると、今度は翻訳が進まず、いまだに翻訳作業が終わらない事態に。そこは自分の責任ではないのだが、ちゃんと掲載されるのか心配になってくる。中国はいろいろ(良くも悪くも)ルーズだ。

四月の前半は少し余裕があったが、後半になるともう期末試験の作成である。
前期よりは効率的に作成できたが、新しい科目もあるので、やはり時間が掛かる。
そもそも、最初から追試用の問題も作らないとならず、二倍の手間がかかるのだ。

さらに四月には、自分が所属する学内研究機関の紀要に載せる長文の報告書の執筆を依頼され、資料集めに入った。しかも、そのテーマは「日本の貿易政策の形成について」という、自分の専門分野とは全くかけ離れた無茶振り。いい加減すぎるだろう。
冬に日本に帰る前に言ってくれれば、資料集めも容易だったのだが、おかげで日本から取り寄せるものが増え、関係各位に迷惑を掛けてしまった。そして、労働節の頃から資料の読み込みに入った。

この頃、現地の日本語教師会から六月に開催される研究会で口頭報告を行って欲しいとの依頼を受ける。
こちらは断ることもできたのだが、最初断ってしまうと、この後が厳しくなるかもしれないと判断し、苦渋の受諾。同時並行でまずテーマとアウトラインを作成した。

五月も後半に入った頃、研究所長から「レポート書けた?」のメール(微信)が。

「締切は6月末でしたよね?」
「いや、5月末ですよ」

こら!だから論文執筆は書面かメールで依頼してくれと言ったのに!
幸いにして資料は読み進めており、アウトラインもできていたので、「あとは書くだけ」の直前くらいの状況ではあったが、

「6月3日までには何とか書きます」

と返信して、昼夜兼行とまではいかないが、突貫工事中というのが現在のケン先生である。
もちろん上記の仕事は、通常の授業準備以外のものであり、平日は授業準備と宿題の添削に追われ、土日に上記の作業に当たっているといった感じだ。

一応給与所得者ではあるのだが、実質的に個人事業主であり、作業管理に苦労している。
二年目は授業準備の負担が半分以下になるはずなので、あと少しの辛抱だとは思うのだが・・・・・・
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まずは ご安全に!
Posted by 石田博 at 2019年05月30日 14:07
ご無理が続きそうなご様子ですがどうかご自愛下さい。
Posted by mashimo at 2019年05月30日 22:56
ありがとうございます。ギリギリ「無理」にならない範囲ですから、ご安心ください。
Posted by ケン at 2019年06月01日 12:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: