2019年06月08日

外務副大臣曰く、米中貿易戦争の本質は資本主義対共産主義

20190601SS00001.jpg
大事なことなので貼り付けておこう。
佐藤外務副大臣によれば、米中貿易戦争の本質は資本主義対共産主義で、中国の経済外交は軍事と一体化して拡大中で、海洋進出を狙っているから、日米連携を強化しつつ、独自の軍事力も強化しなければならない、とのこと。

全体主義ならともかく共産主義と言ってしまう辺りが超笑える。
ソ連帰りのケン先生的には、ソ連型社会主義というのは50年間パン価格が据え置かれて、挙げ句の果てに家畜飼料の方が高くなってしまって、市民がダーチャで豚を飼って、パンをやるようになり、パン屋からパンがなくなってしまうような体制を指すんだけどね(笑)
また、ソ連ではコムソモール員は毎夏軍事教練を受けていて、「こいつらやべぇ」と思わせるに十分だったけど、今の中国の共青団員とか「とりあえず入っておけば将来安泰か」くらいのかる〜い学生が多いように見えるけどね(笑)

こうやって脳内だけでソ連や中国を考えていると、自分の利益と一体化して、いつの間にか脳内像が変化(へんげ)していっちゃうんだろうな。

それに、日米同盟強化は同盟コストの上昇を意味し、ますます対米従属を強化、アメリカからの要求がますます高くなることを意味する。そこに自国の防衛力も強化して、中国の経済外交にも対抗するとなると、いくら金があっても足りないことは明白。
これでは、ソ連と米英を仮想敵とした戦前の軍部と同じ轍を踏むことになるだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 外交、安全保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この副大臣、この週末は地元の福島でWikipediaからのコピペで有名になった百田氏を呼んで講演会してました。つまりそういうレベル。

Tweetもチェックしていますが、外務副大臣としてというよりは軍オタ視点ばかり。
副大臣が二人いて良かったとつくづく思います。
Posted by TI at 2019年06月10日 09:15
そうそう、このケンさんのブログとあわせ、このブログも読むようになりました。
ご紹介まで。
https://yaniiken.hatenablog.com/
早稲田から香港中文大学への留学経験を持つ元国会担当記者の某氏のブログです。
Posted by TI at 2019年06月10日 09:31
人格的には良い人らしかったですし、最初のうちはもう少しマシだったようなのですが、段々「悪化」しているように見えます。
昔は自衛隊の幹部教育は、かなりリベラリズムと大戦への反省を徹底していたはずなのですが、いつからこうなってしまったんでしょうねぇ。
こういう人が自衛隊員・家族・関係者の利益代弁者である状況は、かなりヤバいというか、軍部を粛正する必要があるくらい危険な兆候だと思います。
Posted by ケン at 2019年06月10日 10:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: