2019年06月06日

有事作戦統制権が韓国軍へ移管

【有事作戦統制権 韓国軍大将が行使へ=韓米国防相会談で合意】
 韓国と米国の国防部は3日、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管に伴い、作戦統制権を行使する「未来連合軍司令官」に韓国軍大将を任命することを決めた。
 また、ソウル・竜山の米軍基地の移転により、韓米連合軍司令部本部をソウル南方、京畿道平沢の米軍基地キャンプ・ハンフリーに移転することで合意した。
 韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と米国のシャナハン国防長官代行はこの日、ソウルの国防部庁舎で韓米国防相会談を開いた後、このような会談結果を盛り込んだ共同報道文を発表した。
 両氏は下半期に合同演習を行うことで一致し、今後実施計画を立てるために協力を強化することにした。
 この合同演習は、韓国軍大将の主導で8月に「19―2同盟」として行われる合同危機管理演習(CPX)とみられる。韓米両軍の定例合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)に代わるこの演習では、韓国軍の作戦統制権行使能力を評価する初の作戦運用能力(IOC)検証が行われる。 
 国防部は「鄭長官とシャナハン代行は最近の朝鮮半島の安保状況の評価を共有し、朝鮮半島の完全な非核化と平和定着のための両国の外交的努力を支えていくという公約を再確認した」とし、「北の短距離ミサイル発射について憂慮を表明し、北の核・ミサイル活動に対する情報共有を含め、さまざまな分野で緊密な協力を強化していくことにした」と説明した。
 今回の会談は4月に米ワシントンで行ったのに続き2回目となる。シャナハン氏の韓国訪問は1月の就任後初めて。
 シャナハン氏は会談前の冒頭発言で「われわれは相互間の安定に挑戦する北朝鮮の全ての活動を監視していく。われわれの戦略は完全な準備を備えていると考える」とし、「北朝鮮が国際社会が求める規範と規則を責任を持って順守するまで、制裁を徹底的に履行していく」と述べた。
 鄭氏は「昨年9月に結んだ南北軍事合意の履行は、朝鮮半島に軍事的緊張の実質的緩和と南北間の信頼構築のための基盤を提供してくれた」としながら「国防部はこのような基盤をさらに強固にするため、南北軍事合意を引き続き履行し、今年計画された合意事項が支障なく進められるように諸般の準備を続けていく」と説明した。 
(6月3日、聯合ニュース)

どうせ日本じゃロクに報道されそうにないから、載せておこう。
いわゆる「不都合な真実」であろう。
ま、日本のブンヤには意味するところも分からないんだろうけどね。
posted by ケン at 12:00| Comment(6) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ在韓米軍撤退も間近と。

あとどうでもいい話ですが、岩屋防衛相が韓国に融和的すぎると右翼から猛バッシングされているご様子。
Posted by スパルヴィエロ大公 at 2019年06月06日 17:32
本来、日本の戦後右翼は「韓国の独裁政権や軍事政権と連携して、共産主義の南進を止める!」という主張をしていたはずなのですが、今はすっかり矮小化してしまって、とにかく「自分より下」を探すことに血眼になってる感じですね。
日本の周囲にはそんな国がなくなってしまっているから、尚更なんでしょう。
もともと右翼は頭で考える人たちじゃありませんし。
Posted by ケン at 2019年06月06日 21:08
ニポン人はこのニュースも
「いよいよ米国に見捨てられる韓国」
とか翻訳しちゃうんでしょうね。
Posted by o-tsuka at 2019年06月07日 08:40
言わせておけばいいんですよ。
「アメリカからもアジアからも見捨てられる日本」になるだけです。
Posted by ケン at 2019年06月08日 11:18
米国に見捨てられるというより、米国の財政難、韓国現政権が北と中国に過度に傾斜しているのと北朝鮮のミサイル脅威、そして韓国の軍事的重要度が低下しているために韓国を切っているという解釈をしています。

この有事作戦統制権移管問題に対するケン先生の見解を伺いたいです。
Posted by 平成の江戸っ子 at 2019年06月09日 12:29
アメリカにとって韓国や日本の価値は、その大戦略によって決まるものでして、かつては共産圏を封じ込める戦略から、日韓台とフィリピンが前線を構築していました。しかし、アメリカにはもはやそれを維持するだけの国力が失われつつあり、基本的には中国と太平洋をハワイで二分する方向に移行しつつあります。いまアメリカで主流になりつつあるオフショア・バランシング戦略が理論的裏付けになります。

この辺のことは記事にしたのですが、実は中国の某雑誌に向けて書いたんですね。ところが、政治的に引っかかったのか、いまだ掲載されず棚上げされたままになっていて、ブログにもアップできない状況が続いています。

少し書き直してアップしたいのですが、なかなか余裕が無くて済みません。
Posted by ケン at 2019年06月10日 10:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: