2019年07月23日

母校に挨拶

修士の母校に挨拶に行く。
修了後、10年以上経っているので、親しい先生で残っている方は多くない。

WeChat Image_20190722094049.jpg

WeChat Image_20190722094102.jpg

大陸に渡って一年の報告と、中国で頼まれた日本人教員派遣についての相談である。
中国も北京や上海などは外国人教員に困らないが、ちょっと内陸に入ると、とたんに外国人の供給がなく、「外人枠は常に空席」みたいな学校が多い。なり手はいても、60歳前後だったり、「国語教員免許持っているだけ」な人も多く、それでもなり手があればかなりマシという状況。
修士における私の同級生も、成都に行ってみたものの、「食事がいつも激辛で耐えられない」と一年で帰ってきてしまっている。
自分も沿岸部の大都会だから大丈夫なだけで、内陸で孤独に耐える自信は無い。

WeChat Image_20190722094102.jpg

WeChat Image_20190722094112.jpg

教員派遣もとりあえず協力を依頼するだけ。北京や上海のような大都会でも、最近は求められる人材の水準が上がっており、「資格さえあればOK」ではない。
もっとも、待遇も改善されつつあり、私などは住居費と光熱費無料で、月の基本給が13万円程度(税金はわずか)なので、贅沢を言わなければやっていけるし、特にキャリアの第一歩としては良い環境だろう。

WeChat Image_20190722095047.jpg
留日センターから眺める調布飛行場。かつては三式戦闘機の基地だった。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: