2019年09月14日

中国でシ江作戦

中国に戻って最初のゲームはコマンドマガジン124号「日本陸軍最後の攻勢」、シ江作戦だった。
日本でプレイ済みではあるが、本ブログで記事にしていないように、何ともビミョーな感じだった記憶がある。
ルールは簡単で、プレイも手軽なのだが、「成るようにしか成らない」のである。

cover_s.jpg

シ(草冠に止)江作戦は、1945年4月に発動された、中国大陸における帝国陸軍の最後の攻勢。
ドイツで言えば、「春の目覚め」作戦だろうか。でも規模がなぁ。。。

元々は「アメリカ軍が日本本土に迫る前に重慶作戦を!!」みたいな話だったのが、大陸打通作戦になってしまい、それはそれで一定の成果を挙げたのだが、中国側は次々と新たな飛行場を建設するし、新型装備の米式部隊は増える一方だし、ということで、「やられる前にやれ!」と「いつもの話」に行き着いた。
シ江は重慶に通じる四川省の入り口とも言える場所で、新たな飛行場も設置されていたため、作戦目標となった。
実際には、周辺から部隊をかき集めるのに時間がかかり、戦力不十分なまま進撃を開始、当初は快進撃を行うも、中国軍が戦力を集結させ、反撃を開始すると、兵員・装備ともに質が低下していた日本軍は損害を出し、攻勢開始から一ヶ月で頓挫した。

ゲームは全16ターンで、10ターンから米式部隊が登場するが、実際には8ターンまでプレイすれば十分かなという感じ。バルジやノルマンディのゲームによく見られるパターンだ。
日本軍は戦力的には高いとは言えず、しかもユニットが足りない感じ。しかし、とにかく足が速い。
中国軍は最初はスカスカな上、戦力は不確定、米式部隊以外は司令部の指揮範囲内にいないとZOCを持たないという「お約束」。
しかし、シークエンスは対等になっており、他の作品のように、中国軍が何もできないまま、日本軍に蹂躙されるというほどではない。

最初のプレイは、ケン先生が日本軍を持って、Xさんが中国軍を担当。
Xさんが順当にユニットを配置したため、中国軍は初撃でほぼ崩壊、五ターン目にはシ江の前面に戦線が敷かれる形となるが、最強ユニット2つがシ江に陣取っている。
「後はダイス目次第だけど、ちょっと無理っぽい」ということで終了。

次は私が中国軍を持つ。足止め部隊を残して、初期配置部隊は司令部とともに街道を扼す山に籠城。
Xさんはこれを包囲するに止めて前進、最初のプレイよりは遅れているが、やはりシ江の前面で膠着状態に。
最初のプレイよりは、「中国軍が頑張ってる」観はあるものの、「それだけ」とも言える。

結局、最終ターンまでプレイして、日本軍が15VPを維持できるかどうか、という話のようだが、日本軍は全てを守るだけのユニットが無く、無理っぽい感じ。
中国人がプレイしても、「最終ターンまでやろう!」という話にはならず、やはり微妙感満載だった。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: