2019年09月28日

CMJ『帝国戦車師団:大陸打通作戦』

WaW「長沙作戦」に引き続き、今度はCMJ『帝国戦車師団:大陸打通作戦』をプレイ。
ケン先生がついつい買いそびれて売り切れになってしまっていた作品だが、中国のXさんが持っているとのことで、初プレイ。
何とも国際的な時代である。とはいえ、Xさんも買っただけで、ルールも読んでいないらしい。

「大陸打通作戦」の名称を冠してはいるが、洛陽や許晶などを中心とする河南地方一帯を舞台とし、日本陸軍第12軍の作戦行動をシミュレートしている。規模は大隊〜連隊、中国軍は師団(国府軍の師団は平均3千人くらいらしい)。

ルールは同じCMJの『常徳殲滅作戦』とほぼ同じで、日本軍は移動と攻撃のいずれかを3回プレイし、その間に中国側は戦略的撤退(ユニットを除去して次ターンの増援に回す)ができる。その後中国軍が移動/攻撃か、攻撃/移動を行うシークエンス。
ただ、日本軍が有する8ユニットからなる戦車師団のみが、「移動後戦闘」または「戦闘後移動」できる仕組みになっている。
このため、常徳では中国軍の二重戦線ににっちもさっちもいかなくなるケースがなくなっている。

日本軍の勝利条件は非常にハードルが高く、黄河を越えて鉄道線を南北で打通した上、洛陽を占領し、さらに西進して函谷関を抜け、みたいな話になっており、マップの約9割を占領しないと勝てない話になっている。ぱっと見た感じ、「またまた、ご冗談を」と言いたくなるが、日本軍機械化部隊の凶悪度を考えると、可能かもしれないとも思う。

私が日本軍を持つことに。
日本軍的には、ツバメ返しが如く、まず南方を全力で「打通」した後、返す刀で西方に急進する作戦と、バランス良く前進する方法がある。一般的には、バランス重視型攻撃は失敗することが多い。戦力集中の原理に反するからだ。
とはいえ、南方から洛陽に直行する道路は一本しかなく、ここでゲリラ戦をやられると厄介だとも考えたので、南方を重視しつつ、洛陽に向けても支援攻撃を行うことにした。

WeChat Image_20190922101837.jpg

案の定、日本の戦車師団は驚異的な展開力を発揮、中国側は戦線を張ることすら無駄と考えたようで、次々と撤退していった。
だが、いささか「割り切り」が良すぎたようで、3ターン始めには南北打通が完成、4ターンには洛陽が陥落、同末には函谷関まで到達する有様となった。ゲーム自体は6ターンまであるが、ここでXさんは投了。

中国側は撤退しすぎたとは思うものの、では撤退しないで、拠点防御と道路封鎖をがんばって、どこまで持ちこたえられるかといえば、非常に苦しい感じ。
日本軍の戦車師団がいかにも強すぎる。

確かに機械化部隊は除去されると3VPを失うので、EXなどで2ユニットも除去されれば、「西と南で打通」のサドンデスを狙うしか無くなる。そういう意味では、日本軍も楽ではないのだが。。。また、とにかくマップの大半を占領して、中国軍のユニットを除去する必要があり、全体の戦局をコントロールするのが難しい感じもする。今回、私がうまくやれたのは経験によるところが大きいが、初心者は「どこを攻撃すれば良いのか」わからないだろう。
中国軍は中国軍で「どこで頑張るのか」が非常にわかりにくい、つまり重点箇所をどこに設定するかが非常に難しそうだ。

もう一度やってみないと評価は難しいが、中国側はあまり面白く無さそうな感じもする。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | ゲーム、囲碁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: