2019年10月15日

台風被害、見まい申し上げます

台風の被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

我が家は無事だったようですが、坂下にある多摩川住宅では、下水が溢れて一帯が冠水、駐車場にある自動車の多くが浸水した模様。あまり報道されていないようですが、実際の被害はもっと大きそうな感じ。
決壊こそしなかったものの、元々あの地域は多摩川の遊水池を埋め立てて建設しており、いわば過度の楽観が引き起こした人災という側面もあります。

そもそも関東平野には、平安期までロクに人が住んでいなかったわけですが、それは日本に治水技術が無かったためで、今後どうなるかはわかりません。リアル「天気の子」ですな。

白河帝が「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」と嘆いたというのは『平家物語』ですが、また似たような時代に突入するのか?山法師とSGが重なる辺りが妙にリアルなのだが。。。
posted by ケン at 10:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宮城県在住ですが、当方は無事でした。

これが「国土強靱化」の実態ですね。

台風19号で決壊した宮城県大郷町の吉田川の堤防は、東日本大震災のあとに周囲の堤防より低くなっていたことから、町や地元住民が国に対して、かさ上げを再三求めていたことが分かりました

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191014/k10012131341000.html
Posted by TI at 2019年10月20日 03:19
ある意味では、「国土強靱化計画」の方向性が正しかったことを証明しているわけですが、スーパー堤防の完成は数百年後らしいですし、何兆円かかるのかと考えると、非常に難しいところですね。
Posted by ケン at 2019年10月21日 14:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: