2019年12月07日

観桜会追及で全く支持上がらない野党

【内閣支持率は軒並み減少、政党支持率は変化なし 11月世論調査まとめ】
 11月中に行われ、有効回答数や回答を公開している報道機関10社の世論調査の結果をまとめ、比較しました。なお、各社の調査日や手法は異なるため、あくまでも参考値としてご覧ください。
 まず、内閣支持率は、前回10月の調査より軒並み減少する形となりました。
個々の調査を見てみると、前回の調査から支持率が上昇したのは時事通信の調査のみで、前回10月11-14日より4.3ポイント上昇の48.5%になりました。それ以外の調査においては、すべて支持率が低下しています。
 特に減少の幅が大きかったのは日本経済新聞・テレビ東京の調査で、前回10月25-27日の調査から7ポイント減少の50.0%となりました。また、読売新聞・日本テレビ(前回は10月18-20日実施)、産経新聞・フジテレビの調査(前回は10月19-20日実施)も、それぞれ前回から支持率が6ポイント減少する形となっています。読売新聞・日本テレビは55.0%から49.0%に、産経新聞・フジテレビは51.1%から45.1%になりました。
 内閣不支持率は、支持率の低下と連動するような形で、時事通信を除くすべての調査で上昇を見せています。
唯一不支持率が減少した時事通信の調査は、前回から3.6ポイント減少の29.4%になりましたが、毎日新聞では前回10月26-27日の調査より5ポイント上昇の35.0%、産経新聞・フジテレビでは前回より4.7ポイント上昇の37.7%になるなど、多くの調査である程度の上昇を見せることとなりました。
 一方、政党支持率に目を向けると、まず与党である自民党の支持率は、全体を通してはさしたる変化は見られません。個別の調査に目を向けると、読売新聞・日本テレビの調査が前回から5ポイント減少の37.0%、時事通信が前回より2.6ポイント上昇の30.1%となった以外は、おおむね微差の範囲にとどまっています。
野党第一党の立憲民主党も同様で、全体を通して大きな変化はありませんでした。
(12月6日、選挙ドットコムより抜粋)

内閣支持率は下がっても不支持を10%上回る。
また、自民党支持率は37%に対して、立民は6%。立民は国民との合流によってさらに支持率が下がる見込み。これでは「疑惑隠しのための解散総選挙」をやらない手は無い。
仮にいま衆院を解散して29日投票となった場合、野党は現状維持すら困難な情勢。総選挙になれば、安倍政権は疑惑を「チャラ」にできるし、野党が不信任を出さなければ、「ヘタレ、口だけ野党」としてますます支持率を下げるだけなので、どちらに転んでもOKの「王手飛車取り」みたいな形。

野党は相変わらずヘボ将棋を打っている。
「桜を見る会」追及は戦略上避けられないものだったかもしれないが、戦術的には全くダメだったと断じるほか無い。やはり主攻勢軸は、地味でも、文科省と日米貿易協定にすべきだったのだ。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 政局ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: