2020年01月30日

中国の学生に同情される日本学生

日本式贫困:被助学贷款拖入地狱的18岁们

中国メディアが日本の学生の貧困ぶりを報道する時代。
そして学生が「本当ですか?」「中国の奨学金は返済不要です」と言ってくる始末。
もはや精神的豊かさ=余裕という点では、中国が日本を上回っているのかもしれない。

日本では大学生の5割が有償奨学金(要返済)を受けており、卒業・就職時には負債を負っている。給付型奨学金は非常に少なく、奨学金の中のわずか3%でしかない。つまり、返済不要の奨学金を得られるのは大学生の1%強である。過去5年間で奨学金の返済ができずに自己破産した者は15000人を超え、その負債は保証人になっている親や親戚にまで及んでいる。こうした結果、日本の若年層は留学もできず、車も買えず、結婚もできなくなっている。これが、消費低迷と少子化を加速させ、日本衰退の大きな原因になっている。

本来であれば、これは政治が修正すべき政策課題であるが、高齢者が増えると同時に高齢層が若年層の2倍もの投票率を誇っているため、高齢層対策が優先されて、若年層向けの政策課題は二の次にされている。議会制民主主義の負の側面であろう。

今後は国防費の需要増や社会保障費の肥大化などから、さらに教育予算が削減され、教育現場は荒廃、貧困家庭や貧困学生はさらに増え、貧困の問題はますます深刻になっていくだろうとみられる。

posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: