2020年02月03日

大学で連帯責任を教える日大

【日大ラグビー部、無期限活動停止 部員が大麻所持容疑で逮捕】
 東京都渋谷区の路上で大麻を所持したとして、警視庁原宿署は日本大学ラグビー部員、H容疑者(21)を大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕した。同署への取材で判明した。日大は20日、部の活動を無期限停止にすると発表した。
 同署によると、署員が今月18日、渋谷区の路上で樋口容疑者を職務質問し、大麻を発見した。「自分で使っていた」と容疑を認めており、19日に同法違反容疑で逮捕。20日午前から東京都稲城市にあるラグビー部の寮を捜索し、入手ルートなどを調べている。
 日大ラグビー部は1928年創部で、関東大学リーグ戦1部に所属している。これまでに全国大学選手権に18回出場した。同部はホームページに「部員の不祥事のおわび」とする文章を掲載。平山聡司部長が「このたび、日本大学ラグビー部員が法令違反により逮捕されたことについて、心よりおわび申し上げます。今後の警察の捜査に全面的に協力するとともに、当該部員に対し、捜査の状況を踏まえ厳正に対処いたします」とコメントした。
(1月20日、毎日新聞)

部活動外の個人的行為をもって部の活動そのものを停止させる日大。
本来、連帯責任とは組織犯罪や組織の共同謀議に基づく不法行為を処罰する場合に適用される概念である。
プロスポーツにおけるドーピングについても、「組織的な運用」なのか「個人的行為」なのかによって処罰のあり方が異なってくるため、欧米では厳密な調査が行われ、往々にしてコーチなどが「私は知らなかった、だまされただけ」と答弁している。

日本では、学校部活や校内活動からして連帯責任が非常に幅広く適用されている。
これは、欧米における考え方とは異なり、「個別に責任を負わせない」「綿密な調査を行わない」「組織統制を強化し、管理しやすくする」などの目的から導入されていると考えられる。
本来であれば、むしろ現行の「桜事件」や「公文書廃棄」など、個別に責任を負わせるのが難しく、共同謀議の恐れが強い事件について、内閣や省庁に対して幅広く適用すべきものなのだ。

日本の場合、あまりに幅広く連帯責任が適用されるため、組織的な隠蔽が行われる土壌を形成している。
全員が処罰されるよりも、全員で隠蔽する方が「合理的」だという判断がなされるためだ。
逆に、欧米のように個別責任を徹底的に追及する社会の場合、密告や司法取引のようなことが横行し、社会や共同体の強度を下げやすくするというマイナス面もある。
とはいえ、現代日本では、福島原発事故や桜事件、あるいは数々の学校における生徒自殺事件を見るまでも無く、「誰も責任を負わない」「調査しない」「隠蔽する」といったマイナス面が濃厚に現れ、社会の劣化を加速させているようにも見える。

もっとも、これらの根源には、GHQに指定されたごく一部の「戦犯」のみを処罰して、あとは天皇を頂点として「一億総懺悔」によって、十五年戦争の責任をうやむやにしてしまった昭和帝政の制度的中核が存在する。連帯責任にしておかないと、天皇に責任を負わせることになってしまうためだ。
日本はまたぞろ総懺悔するつもりなのだろうか。
posted by ケン at 12:00| Comment(3) | 政治、社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なら「天皇家に連帯責任をとらせよう!!」

てならないのがヘタレ日本人。
Posted by 遍照飛竜 at 2020年02月03日 15:37
結局、「天皇は人では無い」という認識なんですよ。
Posted by ケン at 2020年02月04日 12:32
なんか、「天皇」って一種のカルト宗教になりましたね・・。
Posted by 遍照飛竜 at 2020年02月04日 13:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: