2020年02月24日

中国向けオンライン授業を準備中

後期の始業は1週間遅れで当面はオンラインで行うことになった。
早速システムが構築され、着々と準備が進められている。「1週間で病院建設」と同様、凄まじいパワーである。
日本であれば、それを決めるだけで何ヶ月もかかり、システムの構築には半年以上かかりそうなところだ。

とはいえ、オンライン授業の基盤はできても、実際に授業を行うのは教員であり、教員の方はそもそもオンライン授業の技術も経験もなく、その準備もしていないので、むしろこちらの方が大変で、自分も準備に追われている。
いかんせん教材も前年のデータも全て中国に置きっぱなしなので、一から構築する必要がある。
「今どきクラウドにアップしてないのか?」と笑われそうだが、中国経由のクラウドに挙げたくなかったためだ。
つまらないところで政治的指導を受けたくないと思うのは当然だろう。
まぁ、データ化して日本に持ち帰らなかったのは自分の落ち度だが。これはまさに想定外だった。

そんなわけで、ケン先生も突貫工事中である。
とにかく映像と画像を増やし、文字情報をできるだけ少なくするのだが、語学の授業では限界がある。
そもそもオンラインで多人数を相手に語学の授業など想像もつかない。
自分の持ち分は比較的オンラインでやりやすい科目(日本語では作文と聴解)なので良かったが、会話を担当していたら途方に暮れていただろう。
たとえ準備したところで、実践はぶっつけ本番になってしまうので、スピーチコントロール(話し方や速度など)から学生の反応まで、一から百まで手探りになってしまう。
この条件は他の先生も同じなので、とりあえず授業の不手際を責められることはないだろうが、大きな不安を抱えつつ、膨大な作業に取り組んでいる。
posted by ケン at 12:00| Comment(4) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オンライン授業のインフラが整い日本から出国できなくなると
目論見の一部が達成できなくて困りますね。
Posted by yb-tommy at 2020年02月24日 13:56
まぁ元々気長に考えていることですから、一、二ヶ月なんてどうということもないですよ。日本でしかできないこともありますし、あちらとは良好な関係を構築しつつありますし、不安はありません。
Posted by ケン at 2020年02月25日 20:49
これでまた一段スキルアップですね!
オンラインなら複数校の指導もできそうです
Posted by o-tsuka at 2020年02月27日 07:14
強制レベルアップ的なあれですな。
他方で、対応できずに脱落する先生も出てきそうです。
Posted by ケン at 2020年02月27日 16:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: