2020年03月09日

オンライン授業開始から一週間

オンライン授業開始から一週間が経過した。
とはいえ、後期は少し授業が少ない上、大学院の授業は一回目は課題を課しただけなので、まだ試運転中でしかない。

危惧された中国全土一斉授業によるサーバーの不調などはなく、各家庭における通信環境が影響した程度で、概ね良好のようだ。
少なくとも私のところには苦情や相談は来ていない。
これだけでも大したものだ。

考えてみれば、私は東京で授業を行い、学生は瀋陽あたりから甘粛省、四川省、広東省まで中国全土で受けているのだから、想像すると凄い話である。すでにインターネットができていたとはいえ、1990年代には想像もつかなかった事態だ。まして、私がそれをやるなどとは。

また、「オンライン授業なんて20〜30分で集中力切れちゃうよ」と思っていたが、今のところ杞憂のようで、むしろ対面式の教室でやってる時より良いかもと思わなくもないくらいだ。
この辺はあくまでも感覚で、実感があるわけではなく、今後も観察を続けたい。
恐らくは、オンライン授業の方が、少なくともやる気のある学生にとっては集中しやすい(他の情報が少ない)という面がありそうだ。
それに引きこもりがちな学生も参加できるメリットもある。

最大の問題は、学生の顔が見えないので、理解しているかどうか顔を見て確認できないことにある。
これが10人程度であれば、PCの画面に顔を写しながら進めることも可能だが、20人以上いるとそれもできない。
特に私の場合、名簿順やランダムではなく、学生の顔を見て「答えられそうな」者を指名する手法をとっているだけに苦しいところだ。
色々な作業に少しずつ時間がかかる上、話す速度もゆっくりめにしているので、授業進度もゆっくりになりがちだが、そこはやむを得まい。

いずれにせよ、オンライン授業の技術も教員のスキルも進化する中国と、単に休講して学力まで低下してしまう日本と、ますます教育格差が拡大していくことは間違いないだろう。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

 どうも、ケン先生。
新型コロナウイルスが猛威を振るっていますね。
現政権下の施策は奏功しているみたいですが、
なにせpcr検査を受けられない人が多くて・・。

日本の学校が正常に戻るのは秋も深まる頃でしょうか。
これを奇貨にいっそ日本も9月スタートにしちゃいますか?
Posted by ムラッチー at 2020年03月09日 20:06
まぁ実のところ検査を受けても「新コロですね、家で暖かくしてよく寝てください」と言われるだけですから、むしろ「知らない方がいいかも」くらいなのが実情なんです。
何せ判明したところで隔離されるだけで治す術は無いんですから。

中国では逆境を利用して、新たな技術の導入が進んでいますが、日本では騒いでいるだけで全然ダメですよね。私も一年の半分くらいはオンライン授業でいいんじゃね?くらいに思うようになりましたよ。
日本も九月始業にしたらいいんですよ。
Posted by ケン at 2020年03月11日 09:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: