2020年04月02日

自粛要請中に花見狂いの帝国貴族

【安倍昭恵氏、花見自粛要請の中で私的「桜を見る会」していた】
 満開を迎えようという桜、そして笑顔の男女──その中心にいるのは、安倍首相の妻・昭恵夫人だ。森友学園問題をめぐり自殺した近畿財務局職員の手記が報じられ、疑惑が改めて注目される中、渦中の昭恵夫人は私的な“桜を見る会”を楽しんでいた。3月下旬の都内某所、ライトアップされた桜をバックに肩を寄せ合う13人。その中心に写っているのが昭恵夫人だ。写真を見た、参加者の知人はこう話す。
 「この日の参加者は、昭恵さんと以前から交流があった人が中心だそうです。写真で昭恵夫人の隣にいるのは人気モデルの藤井リナさん。藤井さんは2014年にYouTubeで昭恵さんと対談するなど、もともと交友があったようです。他にもアイドルグループ・NEWSの手越祐也さんや音楽プロデューサーなど芸能関係者の姿もありました」
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子・東京都知事が花見の宴会などの自粛を要請する中、この写真を世論はどう受け止めるだろうか。週刊ポスト3月30日(月)発売号では、昭恵夫人および参加した芸能人らへの取材結果などを含めて詳報する。
(3月27日、NEWS ポストセブン)

さすが上級国民、帝国貴族。革命直前でも、歌手や俳優を集めてパーティーに明け暮れた貴族とうり二つ。

もっとも、パンデミック宣言がなされている中で学校を再開させる国だから、政策の整合性などそもそも存在しないわけではあるが。
posted by ケン at 09:19| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その通りですね。

今度こそ、昭和帝政を根絶やしにしましょう。
Posted by 遍照飛竜 at 2020年04月02日 19:25
まずは市民の意識改革が必要でしょう。
Posted by ケン at 2020年04月03日 15:30
為政者や指導層は、市民の意識改革を断固を厭ってます。

同時に、意識改革などせず、忖度といじめをしている方が、社会のシステムや指導層の思惑もあって、生きやすい。

ので、その悪しきカルチャーの根源とそれで持って権力を持っている連中を退場させない限りに、意識改革は不可能に近い気がします。


日本国・天皇家の滅亡だけが、日本人を救う・・・て可能性も強くなってます。
Posted by 遍照飛龍 at 2020年04月08日 12:53
庶民に教育を受けさせたがらないのは、権力者のウソや腐敗を見抜く力を養わせないためで、世界共通の問題です。

日本の場合は、部活動と学校行事を通じて「空気=御上に従う(疑わない)」精神を叩き込まれます。地方に行くほど、部活動が強制される所以でもあります。

天皇は日本人という共同体幻想(そもそも日本人など存在しない)の象徴であり、天皇制が無くならない限り、自立した市民など誕生しないのです。
Posted by ケン at 2020年04月09日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: