2020年04月04日

オンライン授業開始から一ヶ月

オンライン授業を開始してから一ヶ月。もともと順応性は高い方なので、二週目には慣れ、授業準備も効率化できた。
私の方はむしろ「このままオンラインで良くね?」くらいに思っているが、全く体を動かさず、ずっと家に座っているので、そちらの対策が求められている。
現実には、私の希望とは関係なく、中国は容赦なく国境を封鎖(3月28日)、居住許可証を持っていても入国できなくなった。まだ当分続くだろう。
教員にも「やはりオンラインは慣れない」という人も少なくなく、特に語学教員としては「生徒十人以上のオンライン授業とか無理」だとは思う。

ただ学生側はかなり飽きてきた模様。一日中家に籠もってパソコンやタブレットの前で勉強して、課題もパソコンという生活なのだから。殆ど修行僧か受験生で、せっかくの大学生活が台無しだ。
やはり学生や教員との交流が無いとキャンパスの意味は殆ど無い。中国でも少しずつ増えつつあるサークル活動も、学生同士の寮生活も全て「夢の話」になってしまっている。
改めて学校が「勉強するだけの場所では無い」と思い知らされるが、とはいえ日本の部活動は不要だろう。
やはりオンライン授業はあくまで代替であり、代替は代替でしかないということだ。
posted by ケン at 09:37| Comment(0) | 教育日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: