2020年07月31日

富田武『日ソ戦争 1945年8月』

c43023a3af030028e2f4e9404957389.jpg
富田武『日ソ戦争 1945年8月』 みすず書房(2020)

『スターリニズムの統治構造』や『戦間期の日ソ関係』の富田先生の新著。
もう75歳になろうというのに、まだまだご壮健そうで何より。
ソ連研究の大家と呼べる人は全て定年となり、次世代の研究者がまともに研究できる環境はなく、この分野は非常に厳しい状況にある。

1945年8月8日のソヴィエト参戦と、それに伴う侵攻については、小説やノンフィクションなどでは多く書かれているし、軍関係の文書もそれなりに公開されているが、学術的に、かつ網羅的に書かれたものは非常に少ない。
特に満州侵攻について書かれたものは無数にあれど、実際の戦線は樺太と千島、日本海とオホーツク海に及ぶ非常に広い空間に広がっていた。そして、ソ連は45年8月に突然奇襲してきたわけではなく、ヤルタからポツダム会談を経て連合国内における綿密な協議と対日欺瞞行動がなされた上で、攻撃してきた。つまり、1945年の、特にドイツ降伏後の国際環境やソ連側の意図と戦略を考慮しなければ、ただの事実の羅列に終わってしまう。

その上で、満州、樺太、千島などでの戦闘があり、シベリア抑留、軍事裁判、シベリア抑留に対する補償へと繋がっていく。シベリア抑留については、関東軍とソ連側との交渉の闇も外せない。
ソ連侵攻は8月8日に始まり、休戦協定(9月2日)成立後の9月4日まで続いたものの、一ヶ月に満たない期間だった。しかし、その全容は非常に大きく、把握するのが難しい。本書は、それを「日ソ戦争」と称することで全容の把握を試みている非常に大きな価値を持つ。

posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 学問、文学、教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: