2020年08月21日

中華思想もいい加減にしろ〜TikTok規制について

【TikTok規制に中国政府が懸念伝える 「日中関係に大きな影響与える」】
 「TikTok」など中国製のアプリについて利用を制限すべきとの議論が日本国内で出ていることを受け、中国政府が、“アプリが禁止されれば日中関係に大きな影響を与える”との懸念を外交ルートを通じて日本側に伝えていたことがJNNの取材でわかりました。
 「TikTok」などの中国製アプリを巡っては、利用者の個人情報が中国政府に渡るおそれがあるとして、アメリカのトランプ大統領が利用禁止に言及しているほか、日本でも自民党の議員連盟が規制に向けた法整備を政府に求める方針です。
 こうした動きを受けて、中国政府が外交ルートを通じて、「中国のアプリが禁止されれば、両国関係に大きな影響を及ぼす」として、日本側に懸念を伝えていたことが政府関係者への取材でわかりました。これに対し日本側は、「国会議員の活動に政府は関与しない」と説明したということです。
(8月7日、TBS系)

私のところにも、「日本政府がTikTokやWechatを禁止したら日中関係は大変なことになる」と言ってくる「親切な中国人」がいるのだが、こればかりは、「まず中国でツイッター、Line、ニコニコ動画、Pixivなどを解禁してから言ってこいよ。中華思想はいい加減にしろ!」と思う。大アジア主義者のケン先生がそう思うのだから、他の日本人は尚更だろう。

この手の「オレのルールは世界のルール、お前のルールは興味ない」という中華式ジャイアニスムは、私が大陸に渡ってからわずか二年の間にも増長してしまっている気配がある。そして、この点こそが中国がアジアにおける覇権確立に大きな影響をあたる蓋然性がある。「力」だけで覇権を握るのは困難だからだ。
冷戦期のアメリカには「自由」、ソ連には「共産主義」の大義が、曲がりなりにも存在したが、現代中国にはパワーしか無く、その上謙譲の美徳すら失われれば、ただの暴力団となるだろう。

『史記』淮陰侯列伝が言うところの「学道謙譲」であり、それを教えることもまた私が大陸浪人となった遠因の一つでもある。
posted by ケン at 12:00| Comment(2) | ロシア、中国、国際関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どこで読んだかは失念してしまいましたが、こんな記事が出ていましたよ。
 ある中国のIT企業関係者(匿名)に対して、最近アメリカをはじめ諸外国で中国のIT企業の活動に対する規制が強化されつつあることについてどう思うか尋ねてみたところ、「そもそも中国国内ではGoogle,Facebook等々全て使用禁止になっているのだから、逆に今まで外国で規制されていなかったことの方が不思議なくらいである。ただ、我々は中国政府に対して全く発言権はない。政府についていくのみである。」とのこと。
 いかにも現在の中国の政治・社会体制を想起させる記事でしたね。

Posted by SATO at 2020年08月21日 19:49
まさにその通りですね。
中国人も居酒屋ではけっこう際どいことを言っていても、SNSでは「党の決定を熱烈に支持」みたいなことを言ってたりして、二枚舌ぶりがソ連を思い出させます。SNSがあるだけに、見えやすくなっています。

同様に政府関係者でも、普通に話している分には理解を示しても、政策・政治レベルになるとどうしてもタカ派に引っ張られがちになるようで、どこでも苦悩は同じです。
Posted by ケン at 2020年08月22日 09:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: