2020年09月04日

河井事件の難題

【河井夫妻公判「選挙とカネ」焦点 陣営に自民1億5000万円】
 昨年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた前法相の河井克行被告(57)=衆院広島3区=と妻の案里被告(46)=参院広島=の初公判が25日午前10時から東京地裁で開かれる。
 同選挙区で案里被告を初当選させるため、克行被告が中心となり広島県内の地方議員や首長、後援会会員ら100人に計2901万円を配ったとされる異例の事件。両被告は無罪を主張する見通しで、検察側との激しい攻防が見込まれる。自民党本部が参院選前に両被告側に計1億5千万円を送金したことも判明しており、「選挙とカネ」の在り方も焦点となる。
 初公判では、両被告から現金を受け取ったとされる100人の名前や受領金額が明らかになる可能性がある。関係者によると、100人のうち40人は同県内の地方政治家で、有権者への説明責任が問われそうだ。
 両被告とも同じ法廷で、100日以内の判決言い渡しを目指す「百日裁判」で審理される。検察側の証拠調べで12月18日まで計55回の公判が続くほか、被告人質問なども予定されており、判決は来年にずれ込む公算だ。両被告とも罰金刑以上が確定すれば被選挙権が失われ、失職する。
 起訴状によると、克行被告は昨年3〜8月、100人に票の取りまとめなどを依頼して計2901万円を渡し、うち5人については案里被告と共謀して計170万円を渡した疑い。関係者によると、克行被告は現金提供の大部分を認める一方で、「陣中見舞いや党勢拡大のためだった」などと買収目的を否定し、案里被告も「違法なことをした覚えはない」などと主張。初公判では両被告とも無罪を主張するもようだ。
 これまで両被告は今回の事件について具体的な説明をしていない。法廷での説明に注目が集まる。
 <昨年7月の参院選広島選挙区>自民党本部が改選2議席の独占を狙い、党広島県連の主流派が推す現職の溝手顕正氏に加え、県議だった河井案里被告を擁立。国民民主党などが支援した無所属現職の森本真治氏を含めた激戦となった。自民党本部は、溝手氏陣営分の10倍に当たる1億5千万円を案里被告と夫の克行被告側に提供するなど全面的に支援。案里被告が当選し、6選を目指した溝手氏が落選した。
(8月25日、中国新聞)

この問題は詰まるところ、「買収目的で、被告に票を売買する意図があった」ことを検察が証明し、判事がそれを認めるか否か
にかかっている。

夫妻が真正面から争う意向を示しているのは、「いわゆる陣中見舞いと買収の違いを見分け、買収目的であることを証明するのは不可能」との判断から来ていると思われる。実際のところそれは非常に困難で、それを違法とされると、政党交付金などを政党支部に下ろす以外のカネの授受に大きな支障をきたすことになる。下手をすると、司法による政治介入に繋がってしまうので、司法がどこまで踏み込めるかも重要なポイントとなる。

そして、「検事総長問題のとばっちり」「嫌われ者だからチクられた」「菅派だから救いの手が伸びない」などの政治的あるいは人情の問題も複雑に絡んでおり、問題をややこしくしている。

個人名を書かせる選挙制度がある以上はなくなりそうにない問題でもある。
posted by ケン at 12:00| Comment(0) | 教育、法務、司法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: